【東京女子】山下実優&伊藤麻希が11・25後楽園でのマジラビとのタッグ王座戦に向け前哨対決を制し、ベルト奪取を宣言!

 東京女子プロレスが11月20日、東京・両国KFCホールで「It’s time to go」を開催。同25日の東京・後楽園ホールでマジカルシュガーラビッツ(以下、マジラビ=坂崎ユカ、瑞希)が保持するプリンセスタッグ王座に挑戦する「121000000(ワン・トゥー・ミリオン)」の山下実優、伊藤麻希が最後の前哨戦で好調ぶりをアピールした。

 この日のメインイベントで山下、伊藤、天満のどか、渡辺未詩、荒井優希(SKE48)組が10人タッグマッチで、坂崎、瑞希、乃蒼ヒカリ、中島翔子、辰巳リカ組と対戦。11・25後楽園ではタッグ王座戦のほか、渡辺VS乃蒼のインターナショナル・プリンセス(IP)王座戦、荒井VS辰巳、天満VS中島のカードが組まれており、4つの試合の前哨戦となった。

 開始早々、坂崎組が一気果敢に攻め込むも、山下組も巻き返して、ノンストップの一進一退の白熱の攻防が繰り広げられた。15分過ぎ、伊藤が瑞希を捕らえて逆エビ固めにいこうとすると、山下がミドルキックをたたき込んでアシストするなど、2人は好連係を見せた。

 山下は辰巳にSkull Kickをズバリと決めて場外に転落させるなど躍動。25分過ぎ、中島が天満をノーザンライト・スープレックスで投げ、ダイビング・セントーンを狙うも自爆。チャンスを見た天満はキルスイッチを決めて殊勲の3カウントを奪い、後楽園決戦の前哨対決は山下組が制した。

 試合後、勝者チームのそれぞれが11・25後楽園への意気込みを述べ、伊藤は「一生懸命頑張ってベルトを絶対に獲りたい」と、山下は「今日はマジラビしか狙ってなかった。でも結構やられたので、(後楽園では)坂崎、瑞希を絶対に倒します」とともに王座奪取を宣言した。

 バックステージで山下は「結構決められる部分もあったけど、マジラビには決められてないので。後楽園までにしっかり作戦を立てていきたい」と、伊藤は「我々は作戦を練るっていうより、とっさの判断でやって、うまくいったりすることもあるので。頑張ってベルトを獲ります」とタイトル戦に向け意気込んでいた。

 また、11・25後楽園に向け、渡辺はIP王座獲りを誓い、天満、荒井もシングルマッチでの勝利を宣言していた。

【大会名】It’s time to go
【日時】2021年11月20日
【会場】東京・両国KFCホール
【観衆】202人(超満員札止め)

▼オープニングマッチ 15分一本勝負
○愛野ユキ vs 宮本もか●
8分15秒 片エビ固め
※ヴィーナスDDT

▼第二試合 3WAYマッチ 15分一本勝負
○小橋マリカ vs 原宿ぽむ● vs 桐生真弥
8分0秒 片エビ固め
※駆け上がり式ブルドッキング・ヘッドロック

▼第三試合 15分一本勝負
○ハイパーミサヲ vs 遠藤有栖●
8分2秒 片エビ固め
※ハイパミ・リターンズ

▼セミファイナル 20分一本勝負
○上福ゆき&らく 
vs 
鈴芽&猫はるな●
9分36秒 片エビ固め
※フェイマサー

▼メインイベント 30分一本勝負
山下実優&伊藤麻希&○天満のどか&渡辺未詩&荒井優希 
vs 
坂崎ユカ&瑞希&乃蒼ヒカリ&中島翔子●&辰巳リカ
26分51秒 片エビ固め
※キルスイッチ

〈写真提供:東京女子プロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事