【OZアカデミー】優宇が王者・雪妃魔矢との無差別級選手権前哨戦に勝利!正危軍とアクトレスガールズの抗争激化!11・21新宿大会<全試合結果>

OZアカデミー女子プロレスは21日、年内最後の新宿大会『OZ25th~No wrestle No life~』を東京・新宿FACEで開催した。

オープニングでは膝の手術で欠場中のアジャ・コングが登場し、術後の経過も驚くほど順調で、すでに杖もいらないという劇的な回復、来年の春までには復帰も可能なことを報告。

メインイベントでは次期挑戦者決定トーナメントを制して、12月30日後楽園大会で無差別級タイトルに挑戦する優宇と王者・雪妃魔矢が前哨戦となるタッグマッチで激突、雪妃が松本のロックドロップで敗れた。

OZアカデミー女子プロレス新宿大会 OZ25th~No wrestle No life~
日時:2021年11月21日(日)18:00試合開始
会場:東京・新宿FACE
観衆:289人

第一試合に登場したのは、後楽園で正危軍との抗争が決まっている”アクトレスガールズの関口翔”。同団体のnoki-Aを用心棒に桜花由美&安納サオリと激突、自らの手で勝利をもぎ取った。試合後は正危軍の首領・尾崎魔弓も加わっての大乱闘!同じく後楽園に出場する松井珠紗もリングに上がり、打倒正危軍を誓った。

■第一試合:タッグマッチ20分一本勝負
noki-A&○関口翔 vs 桜花由美&●安納サオリ
17分08秒 飛び付き式腕ひしぎ十字固め ⇒ ギブアップ

第二試合はラム会長がOZの門番・倉垣翼と驚異の体重差対決となったが、ハヤブサ直伝ファルコンアローに沈んだ。

■第二試合:シングルマッチ30分一本勝負
○倉垣翼 vs ●ラム会長
9分24秒 ハヤブサ直伝ファルコンアロー ⇒ エビ固め

■第三試合:3WAYマッチ30分一本勝負
青木いつ希 vs ●加藤園子 vs ○米山香織
15分39秒 エビ固め ※丸め込んで

メインイベントは12月後楽園で王者・雪妃への挑戦が決まっている獣友・優宇だが、正危軍は何とその優宇を手錠で場外に固定し、パートナーの松本を集中的に痛ぶる。万事休すと思われたその時、米山が手錠の鍵を奪取し優宇を救出し、今度は獣友が一気に怒涛の攻めを見せる。

 その後も試合は一進一退の拮抗を見せる中、何と松本が普段使わないチンクラッシャー3連発&ウラカンラナを一閃。9月のAKINO自主興行以来チンクラッシャー使いの山下りなに振り回され続けている松本だが、ここでも自分自身の予想外の行動に呆然の表情を浮かべる。しかし気づけばこれは大チャンスとなり、ラストは松本の伝家の宝刀・ロックドロップが雪妃に炸裂し、獣友が大場所前の大きな一勝を挙げた。

 試合後、雪妃と優宇はさらに痛烈なマイク合戦を繰り広げた。

■メインイベント:OZアカデミー認定無差別級選手権前哨戦 タッグマッチ45分一本勝負
●雪妃魔矢&尾崎魔弓 vs ○松本浩代&優宇
18分45秒 ロックドロップ ⇒ 片エビ固め

自分自身でも理解できない技を繰り出した松本に対しては、ストーカー・山下りなから追い打ちの手紙が届く。

【親愛なる松本さんへ】
 松本さん、試合お疲れ様です。年末に私と組んでタッグタイトル戦が決まったものの、なかなか二人で試合をすることができず、もどかしい日々をお過ごしかと思います。
 今日は私が隔離生活のため試合は見られませんが、きっと松本さんがチンクラッシャー、ウラカンラナを使って私の分も一緒に戦ってくれていると信じています。
 年末には松本さんを必ず立派なタッグチャンピオン、そしてウラカンラナの使い手にしてみせます。次の12/12大阪大会、大船に乗ったつもりでお越しください。
〜あなたのバディ、山下りなより〜

 結局何の手紙かよくわからない内容ではあるものの、もはやここまで来たら松本も腹を括り、王者・ノイジーファイヤー(倉垣翼&青木いつ希)の待つ後楽園のリングへ、最強の挑戦者・松本浩代&山下りな組が始動した。

レフェリー:伊東幸子
リングアナ:ダイナマイト関西、中村裕之

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事