【アイスリボン】世羅りさ、柊くるみ、宮城もち、藤田あかね、鈴季すずが12月末で退団。テクラは11月末退団。欠場中の弓季は引退。雪妃真矢はフリーで参戦へ

1日、アイスリボンがアイスリボンホームページにて所属選手の退団と契約変更について発表した。

発表内容は下記の通り


世羅りさ、柊くるみ(欠場中)、宮城もち、藤田あかね、鈴季すずの5名は、2021年12月31日をもってアイスリボンを退団、今後はフリーとなりデスマッチ&ハードコア戦を中心としたユニットとして活動していくことなります。

退団は残念ですが、限られた選手生命の中で、選手がやりたいことにチャレンジ出来る環境を応援したいと考えています。

また本人からの申し出によりテクラが、契約解除となり11月末をもって退団となります。
これに伴い、現在リーグ戦に参戦中ですが、残す尾﨑妹加戦が不戦敗となり、尾﨑妹加がブロック優勝となります。

現在、欠場中の弓李につきましても、復帰の意思がないとのことで退団、引退となります。

また雪妃真矢は契約を現在の団体所属から2022年はフリー契約へ変更になります。
今後はフリーでアイスリボン参戦することになります。


 

参考:過去のアイスリボンの記事はこちらから 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事