【新日本】ヒロムがイーグルスに激勝!YOHはSHOとの遺恨対決制す!デスペはファンタズモに逆転負け!優勝決定戦はヒロムvsYOHに決定!『SUPER Jr.28』<12.11姫路:全試合結果>

新日本プロレスは12月11日(土)、兵庫・アクリエひめじで『WORLD TAG LEAGUE 2021 & BEST OF THE SUPER Jr.28』第21戦を開催。

今大会では『BEST OF THE SUPER Jr.28』最終公式戦が行われた。

開始前の段階では高橋ヒロムとエル・デスペラードの2人が勝ち点13(6勝3敗1分け)で首位タイ。

そしてSHO、石森太二、YOH、ロビー・イーグルスの4人が勝ち点12で首位の2人を追いかける展開。

最終公式戦の第4試合では、田口隆祐(4勝6敗)と石森太二(6勝4敗)が対戦し、田口が勝利し石森の予選敗退が決定。

第5試合の公式戦ではYOH(6勝4敗)とSHO(6勝4敗)が対戦。両軍メンバーが入り乱れる荒れた展開となったがYOHが遺恨対決に勝利した。この結果、セミ・メインの試合結果を待つ展開となった。

第6試合の公式戦はIWGPジュニアヘビー級王者のエル・デスペラード(6勝3敗1分け)とエル・ファンタズモ(5勝5敗)と対戦し、ファンタズモが勝利しデスペラードの予選敗退が決定。

メインの公式戦では高橋ヒロム(6勝3敗1分け)とロビー・イーグルス(6勝4敗)が対戦。

優勝決定戦進出を懸け一進一退の攻防を展開し、最後はヒロムがTIME BOMB IIで激闘に終止符を打った。

この結果、12.15両国の優勝決定戦は勝ち点15で1位のヒロムと、勝ち点14で2位のYOHの対戦が決定した。

YOHが「両国であなたを倒します」と宣戦布告。

ヒロムは「その気持ち、すべて!決勝戦で、このオレにぶつけてこい!その上で、このオレが二連覇だ!」と呼応した。

※全試合結果&試合後バックステージコメント全文掲載

『WORLD TAG LEAGUE 2021 & BEST OF THE SUPER Jr.28』
日時:2021年12月11日(土) 16:00開場 17:00開始
会場:兵庫・アクリエひめじ
観衆:890人

<試合結果>

▼第1試合 10分1本勝負
中島 佑斗 △
vs
大岩 陵平 △
10分00秒  時間切れ引き分け

■試合後バックステージコメント

大岩「今シリーズ、今日は中島さんとシングルで、最後の試合でしたが不甲斐ない終わり方で。クソッ!

ヤングライオン3人の中で自分だけ鷹木さんとシングルも出来て、こんないい経験させてもらったのは他にはいないのに結果が出ないです。まだまだ練習して、もっともっと強くなります。それだけです。ありがとうございました」

中島「クソッ! 今シリーズ、結局1回も勝てなかった。はあ、情けねえ。本当はよ、目の前にいるヤングライオン二人をぶっ倒して言おうと思ってたんだけど、今回全然結果出してなくて、だから最終戦の両国も、なんなら年内試合を組んでもらえるかも分からない。だから今ここで言いたい。オレはよ、アイツら二人と違えんだ。藤田は高校の部活動でレスリング3年、大岩は大学までレスリングやっとったらしいな。

オレは違えよ。クリーンな部活動で同年代の奴らとやってなかった。アングラで社会に出れないような、出ちゃいけないような大人と地下格闘技で殴り合っとったんだ。大学の時はアマチュアじゃなくて、プロ格闘家として国内・海外で試合しとった。それも全部、新日本プロレスに、一番強い新日本プロレスに入りたかったからなんだよ。だから有り金全部つぎ込んでファレ道場にも行ったんだよ。オレが言いたいのは過去のことじゃなくて、アイツらが持っとってオレが持っとらんものはたくさんあるけど、アイツらが持ってなくてオレだけがもってるものがあんだよ。

地下格で危ねえ奴、危ねえこと見たりやったりしとったよ。プロの時は今UFCでやってる奴ともやったよ。もし、若手の枠があるんだったら、もしまだこの業界で何の結果も出してないオレにチャンスを貰えるのであれば、鉄砲玉としてプロレスリング・ノアとの対抗戦に出してもらいたい。オレはどんな奴が相手でも鉄砲玉で突っ込んでいけんだ。腹はもう括ってあんだよ。次、いつ試合が組まれるか分からんけど、そん時までぜってーもっと強くなってやるよ」

 

▼第2試合 30分1本勝負
『BEST OF THE SUPER Jr. 28』公式戦
マスター・ワト ×(4勝7敗=8点)
vs
DOUKI 〇(3勝8敗=6点)
11分50秒  スープレックス・デ・ラ・ルナ

■試合後バックステージコメント

DOUKI「(ドンと床を鉄パイプで突いて)ワト、今日はオレの勝ちだな。クソッ! 恥ずかしいんだけどよ、全然憶えてねえんだ、どんな試合だったか。でもよ、オマエと3回やっただろ? 今日が一番何て言うのか熱くなったよ、テメエとの戦い。(後頭部を押さえながら)クソッ、凄えジャーマンだった…。まあ、今日勝ったとはいえ3勝しかしてない。後は全部負けてんだよ。無残な結果だな。

ワト、オマエもオレほどじゃないにしてもいっぱい負けただろ? 偉そうなこと言う奴ら、テメエが悔しい思いをさせられた奴ら、全員ぶちのめすぞ。全員黙らせて、オレたちが偉そうなこと言って、次はオレたちが決勝に行くんだよ。分かったか、オイ。『SUPER Jr』、終わっちまったな。酷え結果だったけど、このシリーズはやっぱ楽しいな。

一個な、『SUPER Jr』が終わったから言うけど、オレは全世界歩いてきた。全世界は言い過ぎかもしんねえけど、メキシコ、アメリカ、いろんな国に行ってきたよ。やっぱな、この新日本のジュニア、世界一だよ。オレはこの新日本のジュニアが世界一だと思っている。だからな、誰がどうジュニアのことを酷く言っても、こき下ろしたこと言ってもあんま気になんねえんだ。オレはジュニアの一員で一丸となってとか、そんなことは一つも思ってないけど、オレはこの新日ジュニアは世界一だと思っているよ。だから、誰に何を言われても気になんねえんだよ。まあ……そういうこと」

ワト「パイプを使わなくても十分強いじゃねえか、DOUKI。オレたちが主役にならなければいけないっていうDOUKIさんの発言の熱い思いを、この試合で凄く感じました。今日はなんとしてでも生え抜きのオレがDOUKIから勝ちたかった。

けど、DOUKIは強かった。見ての通りだよ。オレたちが未来の新日本プロレスのジュニアを作っていきます。来年、未来のことは分からないけど、この『BEST OF THE SUPER Jr』で、その決勝でオレとDOUKI、またやりましょうよ。そして、オレは新日本プロレスジュニア、この未来を開拓してやる。それがオレの目標だ!」

 

▼第3試合 30分1本勝負
『BEST OF THE SUPER Jr. 28』公式戦
BUSHI 〇(5勝6敗=10点)
vs
金丸 義信 ×(4勝7敗=8点)
9分10秒  エムエックス→エビ固め

■試合後バックステージコメント

BUSHI「今日の結果で5勝6敗。決勝には行けなかったよ。いや、今年も優勝決定戦進出には、そこまでの成績にはならなかった。悔しいよな。

でもよ、いいか? 今年『BEST OF THE SUPER Jr』で得たものは大きいよ。オレには収穫があったと思っている。その収穫したものを来年の『BEST OF THE SUPER Jr』に繫げるしかないだろう」

※金丸はノーコメント

 

▼第4試合 30分1本勝負
『BEST OF THE SUPER Jr. 28』公式戦
田口 隆祐 〇(5勝6敗=10点)
vs
石森 太二 ×(6勝5敗=12点)
12分45秒  どどん→エビ固め

■試合後バックステージコメント

田口「最近はね、ちょっと成績は振るわないですけど、今年、去年と負け越しですか。まあ、負け越して悔しいです。でも、石森選手、勝てば向こうは決勝の芽があったのかな? 同じ宮城県同士でYOH選手も残ってるし、宮城県対決になったら最高だなと思いましたけど、僕の好きな将棋の米長先生かな? 相手の大事な対局、試合でこそ、自分に勝った負けたが関係なくとも、相手の大一番ならばそこで自分の全力をぶつけなければ相手にとって失礼だというね、そんなような言葉を思い出しまして、今日は全力でぶつかりました。そうしたら勝てました。

チャンピオンクラスの相手にまだまだ勝てますから。相手は勝ち上がるのに必死なところで勝ちましたから。ただの1勝じゃなくて凄く大きな1勝だったと思います。シングルはなくなりましたけど、69代タッグをずっとアピールしていますから。他にアピールしているチームもなさそうですし、69代狙って、タッグのほうも狙っていきたいと思います。とりあえず『SUPER Jr』、勝ち上がりがどうなるのか? 自分も出場者だけど、ワクワクしながら、どんな決勝戦になるのか、楽しみに。ジュニアのプロレスを、新日ジュニアのプロレスを楽しみたいと思います。そして僕はタッグで楽しませたいと思います。ありがとうございます」

石森「(左足を引きずりながら現れて座り込むとガックリした表情で)田口とシングルをやると毎回失うものが大きい気がするな。この『SUPER Jr』、開幕戦が金丸で最終戦が田口って決まった時点で凄え悪い予感したんだよ。

まあ全体的に言えばジュニアのレベルは上がったと思うよ。実際、オレが5敗もしてるわけだから。今回は無様な結果で終わったけど、このレベルが上がったジュニアだからこそ、頂きが欲しい。オレは必ず『SUPER Jr』制覇したい」

➡次ページ(後半戦)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2 3