【新日本vsノア】内藤「金剛の選手たちにはいい刺激をもらいましたよ。もっとあの刺激を感じたいな」

新日本プロレスは8日、プロレスリング・ノアとの対抗戦『WRESTLE KINGDOM 16 in 横浜アリーナ』を開催。

ダブルメインイベントⅠでは新日本のロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンとノアの金剛が10人タッグマッチで激突した。

WRESTLE KINGDOM 16 in 横浜アリーナ
日時:2022年1月8日(土) 15:00開場 17:00開始
会場:神奈川・横浜アリーナ
観衆:7,077人

<試合結果>

▼第8試合 ダブルメインイベントⅠ 60分1本勝負
BUSHI
高橋 ヒロム
SANADA
内藤 哲也
鷹木 信悟 〇
vs
亜烈破
タダスケ ×
征矢 学
拳王
中嶋 勝彦
26分33秒  ラスト・オブ・ザ・ドラゴン→片エビ固め

試合に勝利した内藤は試合後のバックステージで「今回の対抗戦楽しみにしてたよ。楽しみにしながらここ横浜アリーナに来たし、楽しみにしながら花道を歩いてリングに立ったよ。そうしたら予想以上に楽しかったよ。」と金剛との試合に好感触を感じた様に話した。

続けて「いや、金剛の選手たちにはいい刺激をもらいましたよ。予想以上の刺激をね。もっとあの刺激を感じたいな。また彼らが来るのを待つか?もしくは我々が彼らのリングに乗り込むか?さあどうしようかな?まあでもさ、答えは分かるでしょ?そう、まさにトランキーロ、あっせんなよ!」とコメント。

そして次があるとしたらと会社主導での対抗戦ではなく、選手が個人が相手の名前を出すような流れを期待した。

ただし次期シリーズではオカダとのIWGP世界ヘビーをかけた大一番が組まれているため、その後の金剛を含めたノア勢との再会マッチが期待される。

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加