【DDT】“カリスマ”佐々木大輔がUNIVERSAL王座を薄氷の防衛!敗れた藤田ミノルはよもやのダムネーションT.A合流

 DDTプロレスが1月30日、東京・後楽園ホールで「Sweet Dreams!2022~Ultimate Tag League 2022開幕戦~」を開催。メインイベントではDDT UNIVERSAL王者の佐々木大輔が挑戦者の藤田ミノルを苦戦の末、退け4度目の防衛に成功。試合後、藤田は佐々木率いるユニット・ダムネーションT.Aに合流する波乱の展開となった。

 2度のタッグでの前哨戦では藤田が圧倒的に優勢だったが、この日の一戦でも佐々木はなかなか主導権を奪えず。15分過ぎには佐々木が急所打ちからイス攻撃を見舞うも、藤田も急所蹴りでやり返し、雪崩式SAYONARAを繰り出すもカウントは2。

 藤田がラリアットを放てば、佐々木はトラースキックを連発。藤田の丸め込みをしのいだ佐々木はミスティカ式クロス・フェースロックをガッチリ決めてギブアップを奪った。

 試合後、藤田が自ら握手を求め、佐々木と抱き合った。すると、セコンドに就いていたチョコプロ勢が制止に入るも、藤田が蹴散らした。藤田は佐々木に対して、「オマエのせいだぞ。テメェが握手なんかするから、俺の仲間、ムチャクチャじゃないか。絶対許さないから」と言うや、退場しようとした。

 藤田を呼び止めた佐々木は「アンタに一つだけ話がある。俺たちと一緒にやらないか? ようこそダムネーションT.Aへ」とラブコールを送ると、藤田は「こうなったら言葉はいらないよな。藤田ミノルをすべてオマエに預けるよ」と言って、佐々木と握手を交わした。

 佐々木は「こんなにすんなりいくとは思わなかった。ようやく3人目が揃った。DDTの生ぬるいヤツら、俺とMJポー、藤田ミノルで、破壊と混とんをもたらしてやる」と宣言。

 バックステージで佐々木は「DDTのヤツら、なめたことばっかりしやがって。俺たちがメチャクチャしたら、放置してるオマエらを地獄の底に落としてやる。(藤田を勧誘したのは)この人の底知れぬ人間性、下の方に広がる懐の深さ。あとは実はプロレスがとてもすごい。藤田ミノルを尊敬してる。あんまり言いたくないけどな」と不敵に語った。

 藤田は「タイトルマッチで負けたことがすべて。勝たないと何の意味もないから。(病室で)俺を地獄から救ってくれたのは、もしかしたらこちらのカリスマ、佐々木大輔かもしれない。俺はここで強くなることを決めたんで。もうこれから俺がベラベラしゃべることはないです」と話した。

【大会名】Sweet Dreams!2022~Ultimate Tag League 2022開幕戦~
【日時】2022年1月30日(日)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】516人(満員)

▼ダークマッチ 3vs2ハンディキャップマッチ~ノータッチルール 15分一本勝負
大鷲透&松永智充&●石田有輝 vs アントーニオ本多&岡田佑介○
6分46秒 体固め
※サドンデス

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
樋口和貞&坂口征夫&赤井沙希&○岡谷英樹 vs 彰人&高尾蒼馬&小嶋斗偉●&高鹿佑也
10分32秒 片エビ固め
※ダイビング・ニードロップ

▼第二試合 Bブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
<1戦1敗0点>●勝俣瞬馬&MAO vs 飯野“セクシー”雄貴&今成“ファンタスティック”夢人○<1戦1勝2点>
9分35秒 フェロモンクラッチ

▼第三試合 Aブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
<1戦1勝2点>竹下幸之介&○上野勇希 vs 近藤修司&平田一喜●<1戦1敗0点>
14分10秒 片エビ固め
※BME

▼第四試合 Aブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
<1戦1勝2点>○遠藤哲哉&秋山準 vs 火野裕士&納谷幸男●<1戦1敗0点>
14分40秒 片エビ固め
※シューティングスター・プレス

▼セミファイナル Bブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
<1戦1敗0点>●HARASHIMA&吉村直巳 vs クリス・ブルックス&高梨将弘○<1戦1勝2点>
19分13秒 ペダル式ウワバミ

▼メインイベント DDT UNIVERSAL選手権試合 60分一本勝負
<王者>○佐々木大輔 vs 藤田ミノル●<挑戦者>
19分27秒 ミスティカ式クロス・フェースロック
※第5代王者が4度目の防衛に成功。

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事