【ノア】武藤敬司が左股関節唇損傷のためしばらくの間欠場、GHCタッグ王座を返上

プロレスリング・ノアは8日、都内にて記者会見を行い、第57代GHCタッグ王者の一人である武藤敬司が、負傷(左股関節唇損傷)のため、今後予定されていた大会をしばらくの間欠場することを発表した。

武藤は「1・1 日本武道館の試合後ぐらいから左の股関節が痛くなりまして、いまだに歩くこともままならないような状態で」と説明、長期欠場することにとなった。

これにより、丸藤正道と保持していたGHCタッグ王座は返上となったが「断腸の思いでベルトを返上することになりました」と語っていた。

武藤と丸藤は2021年11月13日横浜武道館にて清宮海斗&マサ北宮から王座を奪取、2度の防衛に成功していた。

武藤の経過・復帰についてはわかり次第、公式サイト・SNS等にてお知らせされる。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事