【WWE】中邑真輔がキンシャサ不発で無念のIC王座陥落 サミ・ゼインが新王者に


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

ルイジアナ州ニューオーリンズのスムージー・キング・センターにて行なわれたスマックダウンが日本時間2月20日に配信され、中邑真輔がサミ・ゼインとIC王座戦で激突するとキンシャサを回避された上に左膝を集中攻撃されて無念の王座陥落となった。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

中邑はライダーキックや痙攣式ストンピング、ランニング・ニーと連続攻撃をゼインに決めるもエプロンで放ったニー・ドロップをかわされて誤爆。中盤には中邑が飛び付きアーム・バーやかかと落としを放つと場外でキンシャサを放ったが、ゼインに避けられて鉄製ステップに左膝を再び誤爆してしまう。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

終盤にはゼインに「カモーン」と真似されると激怒した中邑が「カモーン」とゼインを睨みつけて再びキンシャサを狙ったが、場外に逃げられて不発。続けて中邑が痛めた左膝をポストに叩きつけられると最後はゼインに蹴り倒されて3カウント。

中邑は因縁のゼイン相手の王座防衛に失敗してIC王座陥落となった。中邑が活躍するスマックダウン短縮英語版はWWE YouTubeチャンネルで毎週日曜日に配信される。

スマックダウン短縮英語版(WWE YouTubeチャンネルで毎週日曜日に配信)
https://youtu.be/FeRqnLkxMdM

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事