【WWE】“EST”ビアンカが王者ベッキーと舌戦 ドゥドロップを撃破してWM王座戦へ弾み


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

サウスカロライナ州コロンビアのコロニアル・ライフ・アリーナにて行なわれたロウが日本時間2月23日に配信された。

“EST”ことビアンカ・ブレアが「レッスルマニア38(WM)」のロウ女子王座戦を前に王者ベッキー・リンチを舌戦となるとドゥドロップとの対戦ではKODを叩き込んで王座戦へ弾みをつけた。

リングに登場したビアンカは「WMに行くぞ!今回はベッキーが相手だ」とWM王座戦に意気込むとそこへ現れたベッキーに「私はWM35で2冠王者になったし、半年前のサマースラムでは26秒でビアンカを倒したよな」と挑発して舌戦を展開した。

さらにドゥドロップの入場で舌戦が中断されるとビアンカがドゥドロップと対戦。ビアンカは試合途中にゲスト解説のベッキーと一触即発となるとその隙にクロスボディを決められたが、最後は体格に勝るドゥドロップを持ち上げるとKODを叩き込んで激勝。

試合後、ビアンカはドゥドロップを下してWMでのロウ女子王座戦へ弾みをつけると解説席上に立ちあがったベッキーと睨み合いとなった。

ベッキー vs. ビアンカのロウ女子王座戦が行われる「レッスルマニア38」は日本時間4月3日・4日にWWEネットワークで配信される。

ロウ短縮英語版(WWE YouTubeチャンネルで毎週水曜日に配信)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事