【ガンプロ】高岩竜一が岩崎孝樹を破りガンバレ世界王座を薄氷の防衛!「ここ何年くらいで一番キツい試合でした」

 CyberFight傘下のガンバレ☆プロレスが2月27日、今年初の東京・後楽園ホール大会「BAD COMMUNICATION 2022」を開催。初代スピリット・オブ・ガンバレ世界無差別級王者の高岩竜一が激闘の末、岩崎孝樹の挑戦を退け2度目の防衛に成功した。

 まさに紙一重の戦いだった。岩崎が果敢にミドルキックの連打で攻め立てれば、高岩は蹴りを封じるべく足にマトを絞って攻撃。それでも岩崎は蹴撃をやめず、15分過ぎにはバックドロップ、バックドロップホールド、投げ捨てドラゴン・スープレックスで猛攻。

 負けじと高岩も雪崩式ブレーンバスター、デスバレーボムで攻め込むも、岩崎の驚異的な粘りで勝負は決まらず。死力を振り絞った高岩は高岩ドリラーを決めて流れを呼び寄せると、ラリアット、デスバレーボム、そして雪崩式デスバレーボムを繰り出して、ピンフォールを奪い、死闘を制した。

 初V戦の大家健に続き、ガンプロからの刺客を破った高岩は「このベルトとともにガンプロを大きくして、一生懸命頑張ります。もうすぐ50歳ですよ。誰でもいいから、胸を貸してやるから、誰でも、いつでも挑戦受けます」とマイク。

 バックステージで高岩は「ここ何年くらいで一番キツい試合でした。蹴りを使ってくる相手は一番苦手。それに重いんで。途中であきらめようとかなっていうときがありましたけど、初代ですからね。背負ってる以上、これを乗り越えたらと、その一心で頑張りました。今日を超えたので、また一つ成長したなと。この年になって。だから、誰でも挑戦受けるんで。胸を貸すんで、いつでも誰でもかかってほしい」と話した。この日、誰も挑戦の名乗りを挙げなかったことについては、「また、こちらから指名してもいいんですけど、そこまで所属を把握し切れてないんで。我こそと思う人が名乗り出てくれれば。いろいろ技とか研究したいんで、早く名乗り出てきてほしいです」とコメント。

 惜しくも敗れた岩崎は「心の底から強い男。地獄から這い上がってきた男。やっぱり勝ちたかった。ベルトが欲しかった。あと一歩。次は自分が叩き潰すくらいの気持ちで。肉体は若いのかもしれないけど、ハイボールばっかり飲んで内臓は悪いと思う。またクビを狩りに行くから。チャンピオンシップに最速でたどり着きます」と再挑戦を視野に入れていた。

【大会名】BAD COMMUNICATION 2022
【日時】2022年2月27日(日)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】319人

▼第一試合 勝村軍vsひとでなしBLUES 30分一本勝負
○勝村周一朗&岡田剛史 vs 島谷常寛●&前口太尊
10分4秒 三角絞め

▼第二試合 ガンジョスペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
まなせゆうな&●YuuRI vs 春日萌花&雪妃真矢○
13分49秒 ホワイトアウト

▼第三試合 ガンプロ名物ハードコア・ミックストタッグマッチ 30分一本勝負
勝俣瞬馬&○藤田あかね vs 渡瀬瑞基&HARUKAZE●
15分30秒 片エビ固め
※みかんでポン・オン・ザ・ラダー

▼第四試合 大予言の呪縛を解き放て! 30分一本勝負
●ザ・グレート・サスケ vs 今成夢人○
15分50秒 片エビ固め
※ラリアット

▼セミファイナル BAD COMMUNICATION2022 Special Bout 30分一本勝負
○大家健&石井慧介&入江茂弘 vs 翔太&高尾蒼馬&冨永真一郎●
12分38秒 片エビ固め
※炎のスピア

▼メインイベント スピリット・オブ・ガンバレ世界無差別級選手権試合 60分一本勝負
<王者>○高岩竜一 vs 岩崎孝樹●<挑戦者>
23分2秒 体固め
※雪崩式デスバレーボム。初代王者が2度目の防衛に成功。

〈写真提供:ガンバレ☆プロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事