【新日本】創立50周年を迎え坂口征二相談役が感謝「携わった人、頑張った人のおかげでこの日があると思います。本当にありがとうございましたとお礼を言いたいですね」

新日本プロレスは3月1日、東京・日本武道館で『CSテレ朝チャンネル Presents 旗揚げ記念日』を開催。

50周年記念セレモニーに登場した坂口征二相談役は、自らのコールを終えると各OB達を立って迎え入れた。

迎え入れたOBの中にはかつてUWFが出戻った際に激しい火花を散らした前田日明氏の姿も。

セレモニーが終了し、バックステージで坂口相談役は「ちょうど創立2年目に自分が日本プロレスから合流して49年、どっぷり新日本にいます。まあ、その間、選手をやったり、副社長をやったり、社長やって、会長やって、今は相談役として残ってますけど、自分の中で49年間、いろんなことがありましたよね。苦しい時もあったし楽しい時もあったけど、やはり残った人間みんなで選手とかスタッフが頑張って、こうして50周年を迎えられて本当に嬉しく思います。」と感謝の言葉を述べた。

続けて自身の過去の試合に触れ「何千試合ってやったけどね。30歳で新日本に来て、45~46で社長になるまでの15年間、何千試合とありましたけどね、やっぱりみんなも認めてくれてるし、自分でも思うけど、(アントニオ)猪木さんとの対決ね。昔の『ワールド・リーグ』とかでやって、2~3日前にテレ朝チャンネルでやってたけどね(笑)。猪木さんとどっかで…広島だったかな? 30分ドローで引き分けた試合(1974年4月26日、広島県立体育館大会)。そういう試合とか、いろんな外国人ともやったしね。(アンドレ・ザ・)ジャイアントとか(ハルク・)ホーガンともやったしね。錚々たる昔のメンバーとやって。(スタン・)ハンセンとかにもやられて首を悪くしてね(笑)。そういう昔の強豪外国人ですか? まあ一戦一戦が思い出に残る一戦だったですね。」と感慨深げに語った。

最後に「なんて言っても50周年ね。50年前に猪木さん、(山本)小鉄さん、藤波(辰爾)、木戸(修)とこの4人からスタートして、その間にもいろんなことがありましたけど、携わった人、頑張った人のおかげでこの日があると思います。本当にありがとうございましたとお礼を言いたいですね」と話しコメントを終えた。

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事