【新日本】昨年準優勝の鷹木が石井との激闘を制し2回戦へ進出「やるなら優勝じゃなきゃダメなんです!」<NEW JAPAN CUP 2022>

新日本プロレスは3月7日(月) 、東京・大田区総合体育館で「NEW JAPAN CUP 2022」を開催。

『新日本プロレスSTRONG SPIRITS Presents NEW JAPAN CUP 2022』
日時:2022年3月7日(月) 17:00開場 18:30開始
会場:東京・大田区総合体育館
観衆:777人

今回の『NEW JAPAN CUP 2022』はヘビーとジュニア、そしてヤングライオンも入り混じり48名(飯伏と天山は欠場)が参加する史上最多人数となった。

まさに新日本プロレス春のNo.1戦士を決定するトーナメントとなった。

普段では見れない様なヘビーとジュニアのシングル対決などはまさにこの『NEW JAPAN CUP 2022』ならでは。

今大会のメインでは『NEW JAPAN CUP 2022』1回戦として、石井智宏と鷹木信悟が対戦。

真っ向勝負を身上とする両者だけに序盤から激しい肉弾戦を展開。

石井の猛攻を鷹木も受け止め、ドラゴンスープレックで反撃。

終盤になっても両者意地の攻防を繰り広げるも、最後は鷹木が“伝家の宝刀”ラスト・オブ・ザ・ドラゴンで激闘に終止符を打った。

【試合結果】

▼第7試合 時間無制限1本勝負
『NEW JAPAN CUP 2022』1回戦
石井 智宏 ×
vs
鷹木 信悟 〇
23分32秒  ラスト・オブ・ザ・ドラゴン→片エビ固め

※鷹木がトーナメント2回戦へ進出

試合後、勝利を収めたオスプレイはマイクを手に取り「昨年はたしか準優勝。準優勝という言葉を聞いたら、響きはいいかもしれねえが、実際は優勝決定戦でオスプレイにボロボロにやられて、俺としては後味の悪い結末だった。だからよ、せっかく出るんだったら、優勝しなきゃ意味がねえってことだよ!」と発言。

続けて「どっかの偉い政治家さんが言ってたな。なぜ、一番にこだわるんでしょうか、二番じゃダメなんでしょうか?俺がお答えしよう、ダメなんです!一番じゃなきゃダメなんです!やるなら優勝じゃなきゃダメなんです!」と1番にこだわることを強調した。

最後に「今年こそはやってやるぞ。『NEW JAPAN CUP』の優勝というテッペン目指して、龍のごとく駆け上っていくぞ~!!」とマイクを締めた。

➡次ページ(試合後バックステージコメント)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2