【東京女子】SKE48荒井優希が3・19両国でのIP王座戦に向けベルト獲り宣言!「今だと思ったこのタイミングでベルトを私がもらいたい」

 東京女子プロレスが3月8日、都内のホテルで「GRAND PRINCESS ’22」(同19日、東京・両国国技館)に向け記者会見を開き、伊藤麻希が保持するインターナショナル・プリンセス(IP)王座に挑む荒井優希(SKE48)がベルト獲りを高らかに宣言した。

 荒井は「初めてベルトに挑戦させていただくことになりました。昨年5月にデビューして、まだ1年経ってないんですけど、いろんな経験をさせてもらって。デビューの頃とは自分自身プロレスに対する気持ちも変わっていて。このタイミングで大きな会場でベルト、伊藤さんに挑戦させていただけるのはうれしいですしありがたいと思ってます。デビュー戦のときに伊藤さんからいただいた“何年かかっても潰しに来い”って言葉があったから今があると思ってます。直感で今だと思ったこのタイミングでベルトを私がもらいたいと思います」とキッパリ。

 伊藤は「伊藤麻希を潰すタイミングが来たと言われて、タイトル戦が決まったんですけど。荒井優希が伊藤麻希を潰したいように、伊藤麻希は世界中のスターを潰していきたいんで、このベルトとともに。これは伊藤麻希のためのベルトだと思ってます。だから荒井優希には伊藤麻希の踏み台になってもらうと思ってます」と言い返した。

 3月5日、東京・両国KFCホール大会での前哨戦(10人タッグマッチ)で、荒井は伊藤に敗れているが、「直接伊藤さんに負けてしまったことで、すごく悔しくて、そのときはどうしようって気持ちもあったんですが・・・。今は逆に負けたことで、もっと気持ちも燃えてますし、たくさん(映像を)見て研究もしてるので、19日はこの間のようにならないよう、しっかり対策していきたい」と話した。

 IPベルトへの思いについて、荒井は「伊藤さんと試合がしたい、伊藤さんに勝ちたいという気持ちが一番にあるんですけど。その伊藤さんがベルトを持ってることで、すごくちょうどいいタイミングかなって。私がベルトを持つことで、東京女子の歴史にも名を刻めると思いますし、一つ上の段階にいけるんじゃないかと思います。ベルトを持って、いろんな選手と戦いたいので、ベルトも欲しいと思ってます」と語った。

 これまでの実績やキャリアから、どうしても“伊藤有利”に見られがちだが、荒井は「デビュー戦のときとは違いますし。(やってみないと)分からないと思いますし、“絶対勝つ”という気持ちで挑みたいので、勝てないと思ってる皆さんをビックリさせたい」とコメント。

伊藤は「伊藤麻希は女はもちろん、男とも戦ってきたので・・・。荒井優希は伊藤麻希より体格が大きいんですけど、それでも全然その経験でものおじさせない。想定外の動きをされるかもしれないけど、そこでも対処できる自信があります。自分がやってきた経験は宝だから」と自信を見せていた。

GRAND PRINCESS ’22
日時:2022年3月19日(土) 開場13:00 開始14:00
会場:東京・両国国技館

第八試合 インターナショナル・プリンセス選手権試合
<王者>伊藤麻希 vs 荒井優希<挑戦者>
※第7代王者2度目の防衛戦。

大会詳細は公式サイトにて
https://www.ddtpro.com/schedules/16907

〈写真提供:東京女子プロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事