【後楽園ホール還暦祭】4.15女子プロレス ドリームフェスティバル全対戦カード発表!!

格闘技の聖地と呼ばれる「後楽園ホール」は、1962 年4 月16 日のオープンから今年で開場60 周年を迎え、東京ドームが初主催となるプロレス大会「後楽園ホール 60 周年 還暦祭」を 4 月 15 日(金)・16 日(土)に開催する。

そして注目の全対戦カードの詳細が解禁された。

チケットは3月18日(金)にローソンチケットにて一般発売開始。

あわせてクラウドファンディングを実施する事を発表した。

【イベント概要】
◎タ イ ト ル:「後楽園ホール 60 周年 還暦祭」

◎開催日

【女子プロレス ドリームフェスティバル】
2022 年4 月15 日(金) 17:30 開場 / 18:30 開演

【50 周年 新日本プロレス+全日本プロレス】
2022 年4 月16 日(土) 16:00 開場 / 17:00 開演
➡対戦カードはこちら https://proresu-today.com/archives/183998

※今後の社会状況により変更の可能性があります
◎場 所:東京ドームシティ 後楽園ホール

【対戦カード】

女子プロレス ドリームフェスティバル 全9試合

▼第1試合 シングルマッチ 10分1本勝負
Maria(Marvelous) VS 川畑梨瑚(T-HEARTS)

▼第2試合 6人タッグマッチ 10分1本勝負
朝陽(アイスリボン)・久令愛(PURE-J)・松下楓歩(アイスリボン)
 VS
マドレーヌ(ディアナ)・ななみ(ディアナ)・カノン(センダイガールズ)

▼第3試合 6人タッグマッチ 15分1本勝負
渡辺智子(Marvelous)・米山香織(YMZ)・真白優希(アイスリボン)
 VS
宮崎有妃(wave)・旧姓・広田さくら(wave)・ハイビスカスみぃ(琉球ドラゴン)

▼第4試合 6人タッグマッチ 15分1本勝負
コグマ(スターダム)・愛海(センダイガールズ)・大空ちえ(PURE-J)
 VS
櫻井裕子(カラーズ) ・海樹リコ(シードリング) ・レディ・C(スターダム)

▼第5試合 6人タッグマッチ 15分1本勝負
井上京子(ディアナ)・加藤園子(OZアカデミー)・Leon(PURE-J)
 VS
AKINO(OZアカデミー)・佐藤綾子(ディアナ)・ライディーン鋼(PURE-J)

▼第6試合 タッグマッチ 15分1本勝負
藤本つかさ(アイスリボン)・中島安里紗(シードリング)
 VS
岡優里佳(センダイガールズ)・宝山愛(Marvelous)

▼第7試合 タッグマッチ 15分1本勝負
ウナギ・サヤカ(スターダム)・白川未奈(スターダム)
 VS
門倉凜(Marvelous)・梅咲遥(ディアナ)

▼第8試合 セミファイナル タッグマッチ 20分1本勝負
橋本千紘(センダイガールズ)・優宇(EVE)
 VS
MIRAI(スターダム)・尾崎妹加

▼第9試合 メインイベント 6人タッグマッチ 30分1本勝負
野崎渚(wave)・SAKI(カラーズ)・彩羽匠(Marvelous)
 VS
尾崎魔弓(OZアカデミー)・雪妃魔矢(OZアカデミー)・スターライト・キッド(スターダム)

■格闘技の聖地 後楽園ホール
1962 年4 月16 日にオープン。開館当初は、ボウリング会館であった。ホールは「後楽園ジムナジアム」の名称で日本初の遮光式ホールであった。
こけら落とし興行は、「報知ダイナミックグローブ」であり、翌1967 年に「後楽園ホール」に改称された。
格闘技イベントの年間使用数は、プロレスが約250 回、ボクシングが約100 回。
その他、総合やキックボクシング等、毎日の様に格闘技興行が行われております。
格闘技の他にも笑点の収録等でも有名。
プロレスが初めて行われたのは、1966 年11 月26 日の日本プロレス。
メインイベントはジャイアント馬場VSルイス・ヘルナンデスの 3 本勝負。
1972 年11 月6 日に全日本プロレスが初興行。
1973 年 7 月 6 日には新日本プロレスが初興行を行いました。
女子プロレスの初興行は、1973 年 5 月 28 日の全日本女子プロレス。
その後、長年の歴史の中で、多くの団体が利用し、伝説の試合やファンの思い出に残る興行が行われ、一番お客様と近い会場として長年愛されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事