【スターダム】白川未奈インタビュー<第1弾>両国2連戦「このカードで組まれているのは悔しい」

女子プロレス・スターダムで大活躍中の”闘魂Hカップグラドル”白川未奈に3・26&27両国国技館大会が迫る中、プロレスに初めて出会った場所”両国”でインタビュー。

「アピール力は負ける気はしない」と豪語する自身の試合、注目の選手、注目のカード、人気ユニット『COSMIC ANGELS』の動向や、スターダム初参戦からを振り返り、さらには4・3立川で開幕するCINDERELLA TOURNAMENT2021』に向けて、他ユニットの印象、自身の目指すものなどたっぷりと語ってもらった。

両国2連戦に向けて3回に分けてお届けするが、今回はインタビュー第1弾を掲載。(最後に写真ギャラリーあり)

 

――今日はプロレスTODAY“初代プ女子部長”であり、現在はスターダムで闘魂Hカップグラドルとして活躍中の白川未奈選手にスペシャルインタビューです。

 

白川:イェーイ。

 

――お久しぶりです。

 

白川:本当に深い深いご縁でありがとうございます。

 

――白川選手の活躍を見ていて、成長ぶりが凄い!スピードアップで駆け上がって行くのを見ていて本当に感動しています。

 

白川:うれしい。

 

――あの時、プロレス好きだと言っていた女の子が、本当にプロレスというリングに上って、今スターに駆け上っているなと。しかも生き生きしてやっている姿は見ていて本当に素晴らしいなと思いました。

 

白川:そうですね、楽しくやらせて頂いてます。

 

①ビッグマッチ両国国技館2連戦(初日)について

 

――そんな白川選手が3月26日、そして3月27日、両国国技館2連戦に挑むことになりました。まず初日の26日は6人タッグ・ガントレットマッチで、4チームによる勝ち抜き戦です。白川選手は月山選手と向後選手と組んで出場しますが、心境はいかがですか?

<3月26日(土)両国>
▼第2試合 6人タッグ・ガントレットマッチ 
ひめか&なつぽい&桜井まい(Donna del Mondo)
vs
白川未奈&月山和香&向後桃(COSMIC ANGELS)
vs
鹿島沙希&フキゲンです★&琉悪夏(大江戸隊)
vs
AZM&レディ・C&X(Queen’s Quest)
※4チームによる勝ち抜き戦

 

白川:まずカードが普通におかしい。向後さん、コズエンじゃないし。

 

――そうですね。

 

白川:まず前提として3月26日、27日、両国で自分がこの多人数出場のカードにいることがまず自分的には不本意。これはすごく悔しかった。それがまず根底にありますね。そのなかで向後桃というSTARSの子とやるわけですけど。向後桃選手がスターダムに来た時に、すぐTwitterをフォローしてくれたんです。でも、私、何も知らない人のことって、基本的にフォローを返したくなくて。得体のしれない人だったから。ちょっと私、とにかくその人をよく知るまではあまり近付きたくないし。

 

――白川選手は警戒心が強い?

 

白川:誰とも仲良くできるんですけど、いろいろ人生で騙されたり、そういう経験があるから、すぐには信用できないという性格があるので。ちょっと距離を置いて「向後さん、フォローしてくれたんだな。でも、絡みないし」。でも、この間、初めてちゃんと闘って、3WAYマッチなんですけど。それでマジメにプロレス取り組んでるんだな、というのを知って、やっとフォローを返したんです。

 

――そこからやっと返したんですね。

 

白川:やっとね、そう。でも、こういうふうにユニットをまたいで組んだりすると、いがみ合ったり、うまくいかなかったり、よくあるじゃないですか。誤爆しちゃったりとか。それはちょっと避けたいなと。これって私のチームをまとめる力が試されるので。他のひめか、ナツコ、桜井も勢いがあるし。鹿島、フキゲン、琉悪夏の大江戸隊はうまいし。Xって発表されましたっけ?

 

――まだ発表されてないですね。

 

白川:特にどこに勝ちたいとかはないけど、勝ち抜き戦って初めてなので。

 

――体力的なものも試されるな、というのはありますね。

 

白川:体力面だと月山がすごく心配なんですけど。

 

――キャリア的にも向後選手も含めて、白川選手がリーダーになって引っ張っていく力が試される試合になりますね。

 

白川:そう。でも、私が10人いる中で勝っているのは、このカードで組まれているのは悔しいと思っているのは、多分、私が一番強い。そういう気概を他の選手には感じない。だから、こんなところでうずうずしている場合じゃないんだぞ精神は、多分一番強い、私は。

 

――記者会見の後、向後選手含めて何か3人で話はありましたか?

 

白川:この間、試合(3・13後楽園)を向後桃とした時にも、向後桃がどんな技をどのタイミングで使うか、闘って身をもってわかったし。私もすごく角度を強めのインプラントDDTで最後、彼女から取ったし。お互い体を張って、相手とわかりあった。向後桃のドロップキック、あの子も動いたりする。器用な技をしようとするんですけど、正直、威力が弱かった、闘った時に。だから、そのへんを月山と含めて、本当に合同練習や作戦会議をしてから試合に臨もうと思っています。

――いいですね。最終的には勝ちにはこだわっていくと?

 

白川:はい、もちろん。結局、その中でいい動きをしたとしても、勝たないと人の記憶にガッチリ残らないんですよね。それがわかっているから、勝ちにはこだわりたい。

 

――入場は3人でダンスとか、考えているんですか?

 

白川:どうします?どうしようかなと思ってて。

 

――せっかく両国なので、白川未奈をアピールするには、入場時のインパクト。これはぜひファンとして求めているんじゃないかと思います。

 

白川:コズエンダンスとちょっと違ったものを作り上げられればいいかな。

――白川選手、自身のダンスは?

 

白川:全然別にできます。それはできる。コズエン3人だとシュッとカッコよく踊れるけど、向後桃も月山和香もアクトレス時代にダンスの最底辺を争ったらしいですね。向後桃がツイートしてました笑 だから、不安だから、それを踏まえた上の振り付けを考えようかな。

 

――あれで行きましょう、サンバ!

 

白川:おっPサンバですね?横でサンバを務めてくれれば、こうやって(サンバの動きをしながら)くれれば大丈夫かな。この3人で登場するのもないし。普通に立ってポーズもつまらないから、何かはしようと思ってます。

 

――いいですね。レア感のあるような特別な入場シーンになりそうですね。

 

白川:そうですね、はい。

 

――3月26日、楽しみにしています。

 

白川:ありがとうございます。

 

⇒次ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2 3