【WWE】中邑真輔&リック・ブーグスがWMを前にロウで王者ウーソズと大乱闘

ペンシルベニア州ピッツバーグのPPGペインツ・アリーナにて行なわれたロウが日本時間3月30日に配信された。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

中邑真輔&リック・ブーグスが「レッスルマニア38(WM)」のSDタッグ王座戦を前にロウ・メイン戦後の王者ウーソズを襲撃して大乱闘となった。

スマックダウン所属の中邑&ブーグスがロウ・メイン戦のリングサイドに登場すると「レッスルマニア38」で対戦する王者ウーソズと“RKブロ”ことロウタッグ王者ランディ・オートン&リドルのタッグ王者対決を観戦した。

試合は白熱の攻防を展開も試合途中にストリート・プロフィッツのRKブロ襲撃で反則裁定となると試合後には中邑&ブークスがウーソズを襲撃して4チームが大乱闘に。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

中邑がジェイを蹴り飛ばせば、ブーグスもベンチプレスで持ち上げたジミーをロープに投げ飛ばして一蹴。

一方、RKブロは襲撃されたストリート・プロフィッツにRKO連打を放って返り討ちにした。

王者ウーソズ vs. 中邑&ブーグスのSDタッグ王座戦は日本時間4月3日に、王者RKブロ vs. ストリート・プロフィッツ vs. アルファ・アカデミーのロウタッグ王座トリプルスレット戦は日本時間4月4日に2日間開催の「レッスルマニア38」で行われ、その模様はWWEネットワークで配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事