【WWE】中邑&ブーグスがWMオープニング戦もブーグス負傷で王座奪取ならず

日本時間4月3日、テキサス州ダラスのAT&Tスタジアムにて行なわれた「レッスルマニア38」がライブ配信された。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

中邑真輔&リック・ブーグスが祭典「レッスルマニア38(WM)」オープニングのスマックダウンタッグ王座戦でウーソズ(ジミー&ジェイ・ウーソ)に果敢に攻め込むも、中邑がブーグス負傷による1対2状態でウーソズの1Dを浴びて王座奪取を逃した。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

中邑がブーグスと共にレッスルマニアのオープニング戦に新コスチュームで登場するとライダーキックから延髄切り、痙攣式ストンピングでジミーに先制攻撃を仕掛けた。さらにブーグスがベアハグやスープレックスをジェイに決めるも、試合途中に膝を負傷。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

これで中邑が1対2状態になるも、かかと落としやスライディング・ジャーマン・スープレックスをジェイに決めてキンシャサを狙ったが、逆にスーパーキックからのウーソズスプラッシュで迎撃されると最後はウーソズの1Dを浴びて撃沈。中邑はブーグス負傷による劣勢を跳ね返すことができずに王座奪取を逃した。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

WWEネットワーク
http://network.wwe.com

WWE YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/c/WWE/featured

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加