【WWE】中邑真輔が王者レインズの抱擁に困惑!その隙にウーソズのダブルスーパーキックで撃沈

ウィスコンシン州ミルウォーキーのファイザーブ・フォーラムにて行なわれたスマックダウンが日本時間4月10日に配信された。 


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

中邑真輔がSDエンディングで王者ローマン・レインズと対峙するも、レインズの抱擁で困惑した隙にウーソズのダブルスーパーキックを浴びて撃沈した。

WWEユニバーサル王者レインズがウーソズ&ポール・ヘイマンを引き連れてSDエンディングに登場するとレインズは「ブラッドラインにはまだやることが残っている。俺はベルトを統一させたが、タッグ王座も統一すべきだ」と主張。続けて「ロウタッグ王座を奪ってこい。ブラッドラインがすべてのベルトを手に入れる」と次のプランとしてタッグ王座統一を目論んだ。

するとそこへリック・ブーグスの負傷により「レッスルマニア38」のSDタッグ王座戦に敗れた中邑が登場すると対峙したレインズに話を遮られて「何も言う必要はない。パートナーを怪我で失った気持ちは分かる」と抱擁。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

これに中邑が困惑しているとその隙にウーソズのダブルスーパーキックを浴びて撃沈した。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

スマックダウン短縮英語版(WWE YouTubeチャンネルで毎週日曜日に配信)
https://youtu.be/bn376awbMtw

©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加