【後楽園ホール還暦祭】田口&ワトとヨシタツが6人タッグで出撃!足並みがそろわずもヨシタツがヤングライオンに貫録勝ち!!

格闘技の聖地である後楽園ホール60周年の還暦を祝うメモリアル大会が超満員の観衆を集めて16日(土)、東京・後楽園ホールで行われた。

今大会は「50周年 新日本プロレス+全日本プロレス」と銘打たれ、後楽園ホールの60周年と共に両団体の50周年を祝うメモリアル大会となった。

▼『後楽園ホール 60周年 還暦祭』
格闘技の聖地 後楽園ホール60周年。還暦を祝うメモリアル大会
「50周年 新日本プロレス+全日本プロレス」全6試合
▼日時:2022年4月16日(土) 16:00開場/17:00試合開始
▼会場:後楽園ホール
▼観衆:1,588人(札止め)

この日の第2試合では、ヨシタツ(全日本)&田口隆祐(新日本)&マスター・ワト(新日本)vs大森隆男(全日本)&中島佑斗(新日本)&大岩陵平(新日本)の6人タッグがマッチメイクされた。

試合開始から数分が経過してもIWGPジュニアタッグ王者の“6or9”はヨシタツとタッチしない展開が続いた。

大森率いるヤングライオンは先輩相手に負けん気を発揮し立ち向かうも、キャリアの差でなかなかペースを握れない状況となった。

しかし中盤になるとヤングライオンが一気に爆発。大森チームが連携を駆使し、相手チームを押し込む場面も。

途中ヨシタツもタッチに加わると大岩の逆エビをすぐさま切り返す。

最後はヨシタツが大岩をとらえ、天下獲りバックドロップを炸裂させ貫録勝利を収めた。

■第2試合 6人タッグマッチ 20分1本勝負
大森隆男(全日本)
中島佑斗(新日本)
大岩陵平(新日本)×
 VS
ヨシタツ(全日本)〇
田口隆祐(新日本)
マスター・ワト(新日本)
8分01秒  バックドロップ→片エビ固め

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事