【WWE】ロンダが“女王”シャーロットを“降参”させてSD女子王座を初戴冠

日本時間5月9日、ロードアイランド州プロビデンスのダンキンドーナツ・センターにて行なわれた「WMバックラッシュ」がライブ配信された。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

ロンダ・ラウジーが「WMバックラッシュ」でシャーロット・フレアーとのWMリマッチとなるSD女子王座アイ・クイット戦で激突するとパイプ椅子で挟んだシャーロットをアーム・バーで降参(アイ・クイット)させてSD女子王座を初戴冠した。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

序盤、ロンダはシャーロットのクローズラインやスープレックスを浴びるも、竹刀2本を奪うと折れるまで二刀流でシャーロットを滅多打ちにした。中盤にはシャーロットにサミングからポストに叩きつけられれば、ロンダもコーナートップから倒れたシャーロットにアーム・バーを決めて激しい攻防を展開。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

終盤にはロンダがシャーロットにナチュラルセレクションやフィギュア・エイトで追い詰められて「これがラストチャンスだ!ハッピー・マザーズ・デイ!」と止めを狙われたが、逆にパイプ椅子で挟んでアーム・バーを決めるとシャーロットを降参させてSD女子王座を初戴冠した。

WWEネットワーク
http://network.wwe.com
WWE YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/c/WWE/featured

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事