【新日本】YOHがヒロムを撃破!首位石森にオースティンが並ぶ!<5.25後楽園:Aブロック公式戦>

新日本プロレスは5月25日(水)、東京・後楽園ホールにて1,104人の観衆を集め、『BEST OF THE SUPER Jr.29』大会を開催した。

『BEST OF THE SUPER Jr.29』
2022年5月25日(水) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:1,104人

今大会は『BEST OF THE SUPER Jr.29』Aブロック公式戦、Bブロック公式戦が5試合ずつ行われた。
Aブロック公式戦5試合を掲載。

➡Bブロック公式戦5試合はこちらから

 

▼第1試合 30分1本勝負
『BEST OF THE SUPER Jr. 29』Aブロック公式戦
エース・オースティン〇(4勝1敗=8点)
vs
アレックス・ゼイン×(3勝2敗=6点)
11分37秒  THE FOLD→片エビ固め

■試合後バックステージコメント

オースティン「ほろ苦い結果になってしまったが、俺は優勝するために私情はリングの外に置いて闘うと言った。アレックス・ゼイン、大好きだし、”BESTIES” OF THE SUPER Jr.だけど、最後に優勝できるのはたった一人。君は優しくて思いやりのある人間で、俺のことを気にかけてくれているのも分かっている。でも、なんとしてでも俺は今日の一戦に勝たなければならなかった。それがチャンピオンとしてあるべき姿勢だ。君は素晴らしいファイターだけど、『BEST OF THE SUPER Jr. 29』を優勝するのはこの俺だ。誰も俺の優勝を阻むことはできない。俺は”INEVITABLE”」


ゼイン「大丈夫。(※日本語で)ダイジョウブ。エース・オースティン、俺たちはこれからも変わらず、”BESTIES” OF THE SUPER Jr.だ。4点を逃してしまったが、まだチャンスはある。記者会見で、俺は自分の力でここまで辿り着いたと言った。俺の名前の横には”フリー”と書かれていると思うが、つまり俺が代表するのは自分自身ということだ。でも俺は一人で闘っているんじゃない。現状4点落として、もうここから自力で優勝決定戦に上がることはできないかもしれない。けど、ニュージャパン・プロレスのファンのみんな、力を貸してくれ。これまでの応援、アリガトウ 。ここからも俺がどうにかして優勝決定戦の舞台に立つためには、みんなの力が必要になってくる。残りのリーグ戦全勝すればまだ可能性はあると思う。俺と一緒に闘ってくれ。みんなで『BEST OF THE SUPER Jr. 』を完食しよう。イタダキマス」

 

▼第3試合 30分1本勝負
『BEST OF THE SUPER Jr. 29』Aブロック公式戦
クラーク・コナーズ〇(2勝3敗=4点)
vs
フランシスコ・アキラ(1勝4敗=2点)
8分13秒  トロフィーキル→片エビ固め

■試合後バックステージコメント

コナーズ「会場のみんなの声を出して応援したくて仕方ない感じが伝わってきた。俺のBIG HORN ENERGYが会場を熱くさせたようだ。やっといい波に乗ってきたからには、ここから俺のエネルギーはますます高まっていくぞ。次からも勝って勝ちまくる。アキラ、お前がEMPIREの代表だから蹴散らしてやりたかった。お前の相棒であるTJPに対しても同じ気持ちだ。でも、お前の気持ちの強さは認めるよ。この流れのまま次だ。金丸、今日のリーグ戦しっかり見させてもらうぞ。相手はチャンピオンか。お前がチャンピオンから勝つことを願っている。そして俺は明日ダメージが蓄積したお前を倒す。この勢いを落とさないように次からも頑張っていく。 LET’S GET WILD. 」


アキラ「もうみんな俺に失望してるだろう。今の俺に何も言えることはない。確かなのはガッガリさせてしまっているってことだけだ。」

➡次ページ(後半戦)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2