【ZERO1】大谷の妹、葉月さんが手紙を代読「大谷晋二郎は、必ず皆様の前に帰ります」

プロレスリングZERO1は6月4日(土)、東京・大田区総合体育館にて「押忍PREMIUM ONE TEAM ZERO1! 大谷晋二郎エイド‼︎何度でも立ち上がれ!」を開催。

今大会では4月10日『 押忍PREMIUM両国国技館 ZERO1・20周年&21周年記念大会』のメインイベントにて負傷し頸髄損傷と診断を受け、現在治療・リハビリに取組んでいる大谷晋二郎の為のエイド大会として各団体から58選手が参戦し開催された。

今大会の売上から諸経費を引いた全額が大谷の支援金としてご家族へおくられる。

メイン終了後のリングに代表世話人のパブリックビジネスジャパン・萩原代表と大谷の妹の葉月さんがリングに招き入れられマイクで挨拶を行った。

萩原代表「皆さん、本日は本当に有難うございます。あの4月10日から55日が経ちました。その間1,000人以上の方から募金を頂き、現在一生懸命頑張ってる大谷晋二郎の治療、リハビリ、移動、様々な経費として使わせて頂いております。本当に有難うございます。今まで沢山の方々に募金を頂いて参りましたが、なかなかご住所だったりお名前だったりがハッキリせずに、お礼が全てできてるわけではございません。今日このABEMAさんの生放送を通しまして、募金を頂いた皆様方に代表世話人として御礼申し上げます。本当に有難うございます。現在、本当に厳しい中で頑張ってる大谷晋二郎から今日メッセージを妹の葉月さんに託させて頂いております。本人はしゃべることもままならず、看護師さんを通じてメッセージを送ってくれました。それでは葉月の方から紹介させて頂きます。」

葉月さん「ただいまご紹介頂きました大谷晋二郎の妹の葉月と申します。本日はこの会場に足を運んでくださった皆様、そして出場してくださったプロレスラーの皆様、大会を運営してくださっている全ての皆様、この日をご用意頂きまして本当に有難うございました。兄は今この時もですね、治療とリハビリ、毎日やることをこなしてる状態だと思います。コロナの影響はまだありますので、私たち家族・親族も長らく本人とは会えておりません。なので私は手紙などを通じて皆様からご支援頂いていることとか、私たち家族の気持ちとかを伝え続けております。そんな中、今回のエイド大会があるよという話を伝えた時にですね、皆様に宛ててメッセージが送られてきましたので、私が読ませて頂くのは大変おこがましいのですが、直接お伝えしたいのでこの場で読み上げさせて頂きます。」

================

プロレスの力を信じてくださる熱いプロレスファンの皆様
大谷晋二郎エイド大会関係者の皆様

本日は素晴らしい時間を作っていただき、本当にありがとうございます。
本当であれば僕が会場に行き、皆様にご挨拶をしなければならないところですが、来場することができず本当に申し訳ありません。

「プロレスとは、見ている人に元気を与えるものである!」
いつもはそう叫ぶ僕ですが、その想いは今日出場してくださるプロレスラーが皆、心に秘めている思いだと信じています。

4月10日両国国技館大会からもうすぐ2カ月ですが、今も僕は自分の意志では体を動かすことも、思い通りに言葉を発することもできません。

しかしながら、僕は今たくさんのことを学ばせていただいています。
毎日支えてくださる病院の先生や看護婦の皆様、家族や多くの関係者の皆様のおかげで、今僕の心の中は、人の暖かさと優しさがあふれ、感謝の気持ちでいっぱいです。
そしてまた強くなった大谷晋二郎は、必ず皆様の前に帰ります。

ずっと近くで支えてくれる僕の家族は、
『もう頑張らなくていいよ。もう十分頑張ってきたし、今も頑張っているから今のままで大丈夫だよ』と言ってくれます。
でも、大谷晋二郎に限っては、もっともっと頑張るという気持ちでいたいのです。
僕が頑張ることでプロレスを応援してくださる皆さんに、勇気や元気が伝わるはずだと信じてるからです。
皆、毎日どこかで一所懸命頑張ってるんです。だからこそ何度でも僕は叫びます。

『頑張れ!』

『頑張ろう!』

『頑張るんだ!』

『負けてたまるか!』

『みんなみんな一緒に頑張ろう!』

令和4年6月2日
大谷晋二郎

================

葉月さん「今の兄の状況でこれだけの内容を送ってくれるには本人のかなりの努力と、そして周囲の皆さんのサポートあってのことだなと思うと、このメッセージを最初に受け取ったとき涙が止まりませんでした。そして、周りの皆様に感謝の気持ちで一杯になりました。兄・晋二郎は今、自分の現実と向き合って必死に闘っております。引き続きご声援のほどよろしくお願いいたします。」

<写真提供:プロレスリングZERO1>

▼大谷晋二郎応援募金サイト
https://otanishinjiro.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事