【小橋建太プロデュース興行】3年ぶりの開催に会場が沸く!小橋vs田上vs川田トークバトル!メインは大熱戦のドロー!ジェイクがCIMAにシングルマッチを要求!6・15後楽園『FortuneDream7』<全試合結果>

元プロレスラーの小橋建太氏が代表を務める株式会社Fortune KKは2022年6月15日(水)後楽園ホールにて3年ぶりとなる小橋建太プロデュース興行『FortuneDream7』を開催。

大会前にコロナ感染で来日できなかったスタン・ハンセン氏、そしてリハビリを続けている高山善廣からのビデオメッセージが流された。

小橋氏が推薦した選手たちが熱い試合を繰り広げ、メインイベントの6人タッグマッチ、樋口和貞&青柳優馬&橋本大地と石川修司&火野裕士&関本大介の激突はチョップ、エルボー、キックなどそれぞれが持ち味を出し会場を大いに沸かせたがこの6人には時間が足りず引き分けとなった。

セミファイナルのGLEATのCIMA&T-Hawkと全日本プロレスのジェイク・リー&大森北斗の対決はT-Hawkが大森をナイトライドで仕留めたが、ジェイクはバックステージでCIMAにシングルマッチを要求した。

鈴木みのるは野村卓矢と組み、伊藤貴則&真霜拳號との試合で伊藤をゴッチ式パイルドライバーで沈めると、リングから解説席にいた小橋氏を挑発。

バックステージで鈴木は「小橋の野郎、来やしねえ。僕は引退しました、そんなもん許されるわけねぇだろ。おい、てめーとの勝負は終わっちゃいねーんだよ。なに勝手に終わろうとしてんだよ。小橋、てめぇとの勝負は一生続くんだよ。お前が嫌だと言って、もう勘弁してくださいとここ(床を差し)に頭を擦り付けて土下座するなら許してやるけど。おい、小橋、てめー。お前の軍門に下ってここにきたんじゃねーぞ。違うぞ、てめーをぶち壊しにきたんだ覚えておけ」と不敵な笑みをみせた。

また、ハンセン氏がコロナ感染により来日できなくなり変更となった3WAYトークバトルの小橋建太vs田上明vs川田利明はハンセンの話やお互いに嫌だった技、ジャイアント馬場さん、ジャンボ鶴田さん、三沢光晴さんの思い出など30分たっぷりとトークを展開。

そして唯一の女子プロレスの試合となったスターダムのひめかvsレディCはレディが馬場さんの技を出せば、ひめかもジャンピングニーを炸裂させ、鶴田さんの代名詞の「おー!」を見せた。

第1試合では大森隆男がセコンドに浅子覚さんを帯同させて登場。鬼塚からアックスボンバーで勝利すると浅子さんと共にリハビリに励む高山善廣に捧げる「ノーフィアー!」を叫んだ。

大会後には小橋氏が観客に向けて「来年も開催していいですか!」との問いに大きな拍手が起こり、感謝の言葉を述べて「いくぞー!オー!」で大会を締めた。

▼大会を終えて小橋氏の総括

ーー大会を振り返ってみて

小橋「やっぱり熱い、熱い試合が多かった。Fortune Dreamのコンセプトである熱い試合であったり熱い会場であったり、そういうものを感じることができたのでやってよかったと思います」

ーーとくにこの試合、目についた選手・MVPはいますか?

小橋「やっぱりみんなMVPですよ。この人はこの特徴を持って、こういう面白いものあるんだとか。CIMA選手とかT-Hawk、ジェイク、大森北斗、彼もそういうものをしっかり出してくれたと思うし。あとはメインのみんなもよかったし。鈴木みのるは…(挑発されてましたね)彼とはプロレス界の同期だし、いつまでも挑発してくる熱いものを感じましたね。やってよかったなと思える。鈴木であったり、あの試合にいた野村卓矢、伊藤、真霜。みんなやっぱり素晴らしい選手でした」

ーー次回に向けてはどんなものにしていきたい?

小橋「やっぱりいつも思ってるのは前回を超える大会にしたい。そう思ってやってきているので、今回を超える大会にしたい。大会をすると決まったら、前回を超えるという想いでやります。」

ーー今回初めてだった女子の2人はどうでしたか?

小橋「なかなかダイナミックな、体も大きいし。レディCが馬場さんの技をすると聞いていたからどんな感じかなと思っていたが、若い頃の田上明をほうふつとさせるよね、キックであったりとか見た目も大きいからすごくダイナミックだし。ひめか選手もすごくよかった。前にFortune Dreamに出られるような選手になってくれと言ってて、きょう見たらそういう試合をやってたし。また出てほしいなっていう思う。そんな選手に成長していました」

小橋建太完全プロデュース興行第 7 弾
『FortuneDream7』
日時:2022年 6月15(水)18:30 開始
会場:後楽園ホール

【全対戦カード】
<第1試合〜シングルマッチ〜>15分1本勝負
○大森隆男(全日本プロレス)vs●鬼塚一聖(GLEAT)
8分33秒 アックスボンバー→片エビ固め

<第2試合〜シングルマッチ〜>20分1本勝負
○ひめか(STARDOM)vs●レディC(STARDOM)
10分56秒 ランニング・パワーボム→エビ固め

<第3試合〜3wayトークバトル〜>30分1本勝負
小橋建太(FortuneKK)vs田上明vs川田利明
時間切れ引き分け

<第4試合〜タッグマッチ〜>30分1本勝負
○鈴木みのる(鈴木軍)&野村卓矢(大日本プロレス)
vs
●伊藤貴則(GLEAT)&真霜拳號(2AW)
13分10秒 ゴッチ式パイルドライバー→体固め

<セミファイナル〜タッグマッチ〜>30分1本勝負
CIMA(GLEAT)&○T-Hawk(GLEAT)
vs
ジェイク・リー(全日本プロレス)&●大森北斗(全日本プロレス)
13分50秒 ナイトライド→エビ固め

<メインイベント〜6人タッグマッチ〜>30分1本勝負
樋口和貞(DDT)&青柳優馬(全日本プロレス)&橋本大地(大日本プロレス)
vs
石川修司(全日本プロレス)&火野裕士(フリー)&関本大介(大日本プロレス)
時間切れ引き分け

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事