【DDT】「KING OF DDT」2回戦でHARASHIMA vs 吉村直巳の同門パートナー対決が実現!

DDTプロレスが6月16日、東京・新宿FACEで「DDT FREE -June- KING OF DDT 2022 1st ROUND」を開催。

DDT最強を決めるトーナメントが開幕し、1回戦で同じディザスター・ボックスで、3月20日の東京・両国国技館までKO-Dタッグ王座を保持していたHARASHIMAと吉村直巳がともに勝ち上がり、2回戦での同門対決が決まった。

まず、第1試合でベテランのHARASHIMAがイラプションの新鋭・岡谷英樹と対戦。

岡谷もランニング・ネックブリーカー、ノーザンライト・スープレックスなどで決死の攻めを見せたが、HARASHIMAがリバース・フランケンシュタイナーから蒼魔刀を叩き込んで3カウントを奪取。

第2試合では吉村が難敵のクリス・ブルックスと激突。

序盤、場外戦でクリスは吉村のリングシューズのひもを柵に結んで動けなくした。それをセコンドにハサミで切らせ、シューズが脱げた状態でリングに戻った。クリスがオクトパスストレッチで攻め込めば、吉村はチョークスラムで応戦。

クリスのセコンドの高梨将弘が介入し、クリスはベルトで殴打しようとするも、吉村が払腰を豪快に決めて勝利した。

HARASHIMAは「岡谷の気迫がすごかった。勢いもあるし。余裕でやってられなくなるくらい、彼もスキルアップしていると感じました。次は同じユニットの吉村と。シングルはD王で1回やったかな? 彼がどれだけ強くなっているのか。非常に頼もしく思っています」と吉村とのパートナー対決に思いを馳せた。

吉村は「このトーナメントに懸ける思いが今までとは違って。今日の試合は楽しすぎましたね。自分のなかで気負ってる部分とか、覚悟とかあって。考えること自体が昔の自分ならおこがましいというか。クリスがDDTのプロレスは楽しいんだと、そう思わされた試合でした。勝ちましたけど、得るもの、学ぶもの、思い出させるものがあった。1回戦がクリスでよかった。払腰は吉村直巳が自信を持って押し出す技。(2回戦は)HARASHIMAさんこそDDTの象徴。HARASHIMAさんもパートナーだろうと、容赦なく来ると思うんで。今年は僕がトーナメント勝ち上がるんで」と2回戦突破を誓っていた。

【大会名】DDT FREE -June- KING OF DDT 2022 1st ROUND
【日時】2022年6月16日(木)
【会場】東京・新宿FACE
【観衆】444人(超満員札止め)

▼ダークマッチ 10分一本勝負
高梨将弘&△小嶋斗偉 vs 岡田佑介&高鹿佑也△
時間切れ引き分け

▼オープニングマッチ トーナメント1回戦 時間無制限一本勝負
●岡谷英樹 vs HARASHIMA○
9分6秒 体固め
※蒼魔刀

▼第二試合 トーナメント1回戦 時間無制限一本勝負
●クリス・ブルックス vs 吉村直巳○
7分24秒 片エビ固め
※払腰

▼第三試合 トーナメント1回戦 時間無制限一本勝負
○上野勇希 vs KANON●
15分9秒 片エビ固め
※BME

▼第四試合 トーナメント1回戦 時間無制限一本勝負
●火野裕士 vs 佐々木大輔○
8分45秒 横入り式エビ固め

▼第五試合 トーナメント1回戦 時間無制限一本勝負
○飯野“セクシー”雄貴 vs MAO●
14分59秒 アース・シーシャ 

▼セミファイナル トーナメント1回戦 時間無制限一本勝負
○秋山準 vs 坂口征夫●
10分46秒 片エビ固め
※リストクラッチ式エクスプロイダー

▼メインイベント トーナメント1回戦 時間無制限一本勝負
●納谷幸男 vs 樋口和貞○
18分45秒 体固め
※ブレーンクロー・スラム

<写真提供:DDTプロレスリング>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事