【DDT】7・16名古屋での飯野VS彰人のEXTREME王座戦は前代未聞の3対1のハンディ戦に!7・24後楽園で岡田佑介が高梨将弘の持つUNIVERSAL王座に挑戦

 DDTプロレスが7月3日、東京・後楽園ホールで「KING OF DDT 2022 FINAL!!」を開催。同16日、名古屋・日本ガイシスポーツプラザ第3競技場で行われる飯野“セクシー”雄貴(王者)VS彰人(挑戦者)のDDT EXTREME選手権は前代未聞の3対1のハンディキャップマッチになることが決定した。

 この日の第1試合で、飯野、男色“ダンディ”ディーノ、今成“ファンタスティック”夢人組が彰人、アントーニオ本多、平田一喜組と前哨対決。フェロモンズはお下劣殺法が全開で、ディーノと飯野が合体して、フェロモンの裁きで彰人を絞めげると、彰人は失神状態になり、レフェリーが試合を止めた。

 前哨戦で快勝したディーノは「セクシー一人を相手にするんじゃないよな。フェロモンズ全員を敵に回したってことだ。このベルトはチャンピオン側がルールを決めることができるらしいな。3対1だ。これは決定事項だ」とタイトル戦のルールを指定。今林久弥GMが、この主張を認め、ハンディ戦が決まった。王者側は3人のうちの誰かが取れば勝ち、挑戦者の彰人は3人のうちの誰かを取れば勝ちとなる極めて不公平なルールとなる。

 また、この日の第4試合(高梨将弘、HARASHIMA組VS岡田佑介、高鹿佑也組)で、岡田が強烈なサデンデスで高梨を沈めて勝利。

 試合後、岡田は「俺はサイバーファイトフェス、KING OF DDT、両方落選した。俺だってバーニングの一員や。高梨さん、そのベルトに挑戦させてください」とアピール。高梨も受諾し、7月24日、後楽園でのDDT UNIVERSAL王座戦が決まった。「俺だってバーニング、DDTの一員。ただ見てるだけじゃ悔しい。俺がやらなあかんことはコツコツ、一歩ずつやっていくこと。高梨さん、アンタのベルト引っぺがして、頂点まで目指す」(岡田)。

【大会名】KING OF DDT 2022 FINAL!!
【日時】2022年7月3日(日)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】703人

▼第一ダークマッチ 10分一本勝負
坂口征夫&赤井沙希&○岡谷英樹 vs 大鷲透&高尾蒼馬&小嶋斗偉●
7分55秒 片エビ固め
※ダブルアーム・スープレックス

▼第二ダークマッチ 10分一本勝負
佐々木大輔&MJポー&○KANON vs 火野裕士&納谷幸男&石田有輝●
6分51秒 片エビ固め
※スリーピーホロウ

▼オープニングマッチ ノータッチルール 30分一本勝負
○飯野“セクシー”雄貴&男色“ダンディ”ディーノ&今成“ファンタスティック”夢人 vs 彰人&アントーニオ本多&平田一喜●
7分16秒 TKO勝ち
※フェロモンの裁き→レフェリーストップ。

▼第二試合 KING OF DDT 2022準決勝 時間無制限一本勝負
●上野勇希 vs 吉村直巳○
10分46秒 体固め
※Osaka Pride

▼第三試合 KING OF DDT 2022準決勝 時間無制限一本勝負
○樋口和貞 vs 秋山準●
14分28秒 片エビ固め
※ブレーンクロー・スラム

▼第四試合 30分一本勝負
●高梨将弘&HARASHIMA vs 岡田佑介○&高鹿佑也
10分9秒 エビ固め
※サドンデス

▼セミファイナル スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
MAO&●勝俣瞬馬 vs クリス・ブルックス&アンドリュー”ザ・ジャイアント”エヴァレット○
14分59秒 片エビ固め
※チョークスラム・スプラッシュフライ

▼メインイベント KING OF DDT 2022決勝戦 時間無制限一本勝負
○樋口和貞 vs 吉村直巳●
18分55秒 体固め
※ブレーンクロー・スラム。樋口が初優勝、第79代KO-D無差別級王者となる。

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事