【DDT】“自称”223センチ、190.5キロの大巨人エヴァレットが異次元空中殺法で勝俣に鮮烈勝利!

 DDTプロレスが7月3日、東京・後楽園ホールで「KING OF DDT 2022 FINAL!!」を開催。身長223センチ、体重190.5キロを“自称”するアンドリュー“ザ・ジャイアント”エヴァレットが異次元の空中殺法で勝俣瞬馬を下し、鮮烈な勝利を飾った。

 過去にプロレスリング・ノアに参戦したことがあるエヴァレットは4年半ぶり3度目の来日で、DDTには初参戦となった。この日の第5試合に出場したエヴァレットはクリス・ブルックスと組み、MAO、勝俣の「しゅんまお」と激突。パートナーのクリスは身長196センチで、隣に並ぶとエヴァレットはかなり低く、175センチ程度に見えるが、あくまでも本人は223センチと主張。

 試合は「しゅんまお」が好連係を見せれば、クリスが巧みにエヴァレットをアシスト。クリスが勝俣に雪崩式ダブルアーム・スープレックスを見舞うと、エヴァレットは場外のMAOめがけてシューティングスター・アタックを敢行。

 リングに戻って、勝俣をコーナーに上げると、一回転するチョークスラム・スプラッシュフライを鮮やかに決めてフォールを奪った。

 エヴァレットは「今日の対戦相手、なんだあの小さいヤツら。相手にならない。DDTで一番ビッグなガイと言えば、ヨシヒコだ。私はいつでも準備ができてるぞ!」となぜかヨシヒコに対戦を要求。

 MAOは「あんな技、見たことねぇよ。そんなに自分のことをでっかいって言うなら、せっかく日本に来たんだし、俺がアイツを頭から東京に突き刺して、第2のスカイツリーにしてやる」と臨戦態勢。

【大会名】KING OF DDT 2022 FINAL!!
【日時】2022年7月3日(日)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】703人

▼第一ダークマッチ 10分一本勝負
坂口征夫&赤井沙希&○岡谷英樹 vs 大鷲透&高尾蒼馬&小嶋斗偉●
7分55秒 片エビ固め
※ダブルアーム・スープレックス

▼第二ダークマッチ 10分一本勝負
佐々木大輔&MJポー&○KANON vs 火野裕士&納谷幸男&石田有輝●
6分51秒 片エビ固め
※スリーピーホロウ

▼オープニングマッチ ノータッチルール 30分一本勝負
○飯野“セクシー”雄貴&男色“ダンディ”ディーノ&今成“ファンタスティック”夢人 vs 彰人&アントーニオ本多&平田一喜●
7分16秒 TKO勝ち
※フェロモンの裁き→レフェリーストップ。

▼第二試合 KING OF DDT 2022準決勝 時間無制限一本勝負
●上野勇希 vs 吉村直巳○
10分46秒 体固め
※Osaka Pride

▼第三試合 KING OF DDT 2022準決勝 時間無制限一本勝負
○樋口和貞 vs 秋山準●
14分28秒 片エビ固め
※ブレーンクロー・スラム

▼第四試合 30分一本勝負
●高梨将弘&HARASHIMA vs 岡田佑介○&高鹿佑也
10分9秒 エビ固め
※サドンデス

▼セミファイナル スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
MAO&●勝俣瞬馬 vs クリス・ブルックス&アンドリュー”ザ・ジャイアント”エヴァレット○
14分59秒 片エビ固め
※チョークスラム・スプラッシュフライ

▼メインイベント KING OF DDT 2022決勝戦 時間無制限一本勝負
○樋口和貞 vs 吉村直巳●
18分55秒 体固め
※ブレーンクロー・スラム。樋口が初優勝、第79代KO-D無差別級王者となる。

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事