【WWE】 “Mr. MITB”セオリーが「サマースラム」を前にザ・ブラッドラインの圧力で醜態を晒す

フロリダ州オーランドのアムウェイ・センターにて行なわれたスマックダウンが日本時間7月17日に配信された。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

「サマースラム」でのキャッシュインを狙う“Mr. MITB”セオリーがWWEユニバーサル王者ローマン・レインズ率いるザ・ブラッドラインに圧力をかけられるとマットキャット・モスのポスト攻撃を食らって醜態を晒した。

“Mr. MITB”セオリーがモスとの対戦を前にブラッドラインのポール・ヘイマンに「サマースラムでのキャッシュインはビジネス的に意味がない。私が王座戦をセットするからすべてを委ねてくれ」と握手を求められると、「アドバイスはありがたいが、俺はレスナーかレインズにキャッシュインして新王者になるんだ」と言って断った。

試合ではセオリーが鉄製ステップに自爆したモスにドロップキックを決めれば、モスにクローズラインやスピアーで反撃されたが、場外戦でモスの勢いに押されると堪らずMITBブリーフケースで攻撃しまい反則負け。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらに試合後には “ブラッドラインの手下”と化したサミ・ゼインやウーソズに因縁をつけられて1対3の劣勢となると隙を付いたモスにポスト攻撃で襲われて醜態を晒した。セオリーがボビー・ラシュリーとのUS王座戦に加えて、MITBキャッシュインを予告している「サマースラム」は日本時間7月31日にWWEネットワークで配信される。

スマックダウン短縮英語版(WWE YouTubeチャンネルで毎週日曜日に配信)
https://youtu.be/CUROtIqCOQo

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事