【新日本】矢野がジョナに作戦勝ち!急所攻撃にジョナの怒り爆発!<G1 CLIMAX 32>

新日本プロレスは7月17日(日)、北海道立総合体育センター 北海きたえーるにて『G1 CLIMAX 32』を開催。

第6試合では、「G1 CLIMAX 32」Aブロック公式戦として矢野通とジョナが対戦。

巨漢のジョナと、策士の矢野通との一騎打ち。
矢野は開始とともに「怖い!怖い!」とコーナーでのレフェリーブレイクを要求したり、自爆を誘う動きでジョナを翻弄。最後は場外で、相手セコンドのティトとジョナを正面衝突させたうえで急所攻撃。その隙にリングに戻り、リングアウト勝ちを収めた。

『新日本プロレスSTRONG SPIRITS Presents G1 CLIMAX 32』
日時:2022年7月17日(日) 12:30開場 14:00開始
会場:北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる
観衆:2,942人

<試合結果>

▼第7試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 32」Bブロック公式戦
矢野通 〇(1勝0敗=2点)
vs
ジョナ ×(0勝1敗=0点)
9分01秒  リングアウト

 

矢野「あぁ、ごめんなさい、ごめんなさい…もう、わからない……もうやだ、公式戦1日なんだって?…いやだ…こんな情けない…もういやだぁ! 帰りたい…」
 

ジョナはセコンドについたティトと2人で怒りを抑えながら、コメントブースに登場。
ジョナは「クソ! なんてことだ!? 俺はプロレスの試合をするために来たんであって、反則する“スポーツエンターテイナー”の相手をするためではないぞ! あいつは反則野郎だ! 俺とティトに金的攻撃をしかけてきたぞ! こんなのが俺がやりたい試合だと思ってるのか!?」と矢野の作戦勝ちについてコメントした。

 

▼詳細は新日本プロレス公式ページにて
https://www.njpw.co.jp/tornament/354182?showResult=1

<写真提供:新日本プロレス>

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加