【新日本】オカダが“反則モンスター”矢野に手こずるも2勝目GET<G1 CLIMAX 32>

新日本プロレスは7月23日(土) 、東京・大田区総合体育館にて『G1 CLIMAX 32』を開催。

セミではAブロック公式戦が行われ、オカダ・カズチカと矢野通が対戦。

CHAOS同門対決となった両者の一戦は矢野がいつもの雰囲気を一掃し、気合を入れた試合スタイルでオカダを攻め立てた。

終盤に入ると矢野が鬼殺しを炸裂させ、オカダの顔に酒を噴射。

大ピンチに陥ったオカダは丸め込みを何とか回避し、最後はマネークリップで矢野を締め上げ勝利を手にした。

オカダは公式戦2連勝(2勝0敗=4点)、矢野は公式戦(1勝1敗=2点)となった。

『新日本プロレスSTRONG SPIRITS Presents G1 CLIMAX 32』
日時:2022年7月23日(土) 17:00開場 18:30開始
会場:東京・大田区総合体育館
観衆:1,919人

<試合結果>

▼第8試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 32」Aブロック公式戦
オカダ・カズチカ〇(2勝0敗=4点)
vs
矢野 通×(1勝1敗=2点)
10分10秒  マネークリップ

試合後、バックステージで同門対決を制したオカダは「無事に2勝目と、言いたいところですけども。ま、ホントに難しい……闘いでした。なんならね、ジェフ(・コブ)との試合よりも息が切れているかもしれないし。ダメージっていう意味では、ジェフの方があると思うけど、『ヤバいな』と思う瞬間は、今日の試合のほうがあったんじゃないかと思います。まあ、でもね、こういう闘いをね、シッカリ勝ちあがっていって、優勝しますんで。いろんなモノを経験してまた強くなっていきたいと思います。まあ、札幌で怪力モンスター。今日は何モンスターかな? まあ、身体のデカさって意味ではね、全然モンスタークラスですけども。まあ、反則モンスター、とでもしておきましょうか。」とコメント。

矢野は前回の公式戦同様、「痛い! 痛い!もう泣きたい! 帰りたい!なんもダメだ! ダメだ! お酒パワーも…! ダメだあ!」と泣きの顔を見せた。

▼詳細は新日本プロレス公式ページにて
https://www.njpw.co.jp/tornament/354184?showResult=1

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事