【新日本】棚橋がザックに執念の勝利「光を見せられるのは俺しかいねえだろ!!」<G1 CLIMAX 32>

新日本プロレスは2022年7月30日(土) 、愛知・愛知県体育館(ドルフィンズアリーナ)にて『G1 CLIMAX 32』を開催。

メインの第9試合ではCブロック公式戦が行われ、棚橋弘至とザック・セイバーJr.が対戦。

試合はザックの関節地獄に棚橋が苦しむ展開が続くも、終盤にザックが腕ひしぎ逆十字を決めに来たところを棚橋が丸め込み、薄氷の勝利を奪った。

これで棚橋弘至は公式戦(2勝1敗=4点)、ザック・セイバーJr. は公式戦(2勝1敗=4点)となった。

『新日本プロレスSTRONG SPIRITS Presents G1 CLIMAX 32』
日時:2022年7月30日(土) 15:30開場 17:00開始
会場:愛知・愛知県体育館(ドルフィンズアリーナ)
観衆:2,225人

<試合結果>

▼第9試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 32」Cブロック公式戦
棚橋 弘至〇(2勝1敗=4点)
vs
ザック・セイバーJr.×(2勝1敗=4点)
17分32秒  エビ固め

 

試合後、勝利を収めた棚橋はマイクを手に取り「俺がこの『G1』をいつも以上に大切に思ってるから。それはなぜか話します。みんな出てる選手は等しく優勝を目指してると思います。けど、優勝したその先に厳しい状況が続いてますが、優勝したその先にプロレスファンのみなさんに、新日本プロレスのファンのみなさんに、光を見せられるのは、俺しかいねえだろ~!!」とコメント。

エアギター後に最後にマイクを手に取り「俺は生まれてから疲れたことがないから。だから、だから、新日本プロレス、引っ張っていきます。『G1 CLIMAX』、ちょっくら優勝してきます!名古屋のみなさ~ん、愛してま~す!!」とマイクを締めた。

➡次ページ(試合後バックステージコメント)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2