【WWE】マッキンタイアが「WWEクラッシュ・アット・ザ・キャッスル」での王座挑戦権を奪取

ジョージア州アトランタのステートファーム・アリーナにて行なわれたスマックダウンが日本時間7月31日に配信された。

ドリュー・マッキンタイアがシェイマスとダニーブルック戦で激突するとクレイモアで沈めて「WWEクラッシュ・アット・ザ・キャッスル」でのWWEユニバーサル王座挑戦権を奪取した。

©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

マッキンタイアは入場時に突如背後からシェイマスに襲われて劣勢のままゴングが鳴らされるも、クローズラインやみちのくドライバーでシェイマスに反撃。

さらにシェイマスのこん棒目つぶしやハンマーパンチ10連打を浴びるとネックブリーカーやパイプ椅子上のフューチャーショックDDTを叩き込んで激戦となった。

終盤にはリッジ・ホランドのこん棒攻撃やブッチのクロスボディで介入されるとシェイマスに2ndロープからのホワイトノイズやブローグキックを食らうもカウント2。

©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

何とか劣勢を凌いだマッキンタイアは残った力を振り絞るとテーブル上へのパワーボムからクレイモアをシェイマスに叩き込んで3カウント。

©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

マッキンタイアが30年ぶりの英国スタジアムイベント「WWEクラッシュ・アット・ザ・キャッスル」での王座挑戦権を獲得した。

©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

試合後にはマッキンタイアがMr. MITBセオリーにブリーフケースで襲撃されるも、SDエンディングではブロック・レスナーと乱闘したセオリーをクレイモアで襲撃KOするとそのままレスナーと睨み合って火花を散らした。

©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

マッキンタイアがWWEユニバーサル王座に挑戦する「WWEクラッシュ・アット・ザ・キャッスル」は日本時間9月4日にWWEネットワークで配信される。

©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

【関連サイト】

WWEネットワーク: http://network.wwe.com

 ※生放送終了後、ビデオオンデマンド方式で視聴可能です。

※WWEネットワークは英語でのサービスです。日本語字幕はありません。

WWE YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/c/WWE/featured

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事