【新日本】オカダが初対戦トム・ローラーに苦戦するも技あり勝利で首位キープ!<G1 CLIMAX 32>

新日本プロレスは2022年8月10日(水)、広島・広島サンプラザホールにて『G1 CLIMAX 32』を開催。

セミの第8試合ではAブロック公式戦が行われ、オカダ・カズチカとトム・ローラーが対戦。

初対戦となった両者であったがトム・ローラーが関節や打撃をメインに持てる力を存分に発揮し、オカダが苦戦する展開に。

随所でオカダは反撃を試みるも終盤までローラーの攻勢は続く。

最後はローラーがフロントネックロックを決めにかかったところをオカダがショルダースルーからのエビ固めで一瞬のチャンスをものにした。

これでオカダ・カズチカは公式戦(4勝1敗=8点)、トム・ローラーは公式戦(2勝3敗=4点)となった。

『新日本プロレスSTRONG SPIRITS Presents G1 CLIMAX 32』
日時:2022年8月10日(水) 17:00開場 18:30開始
会場:広島・広島サンプラザホール
観衆:1,522人

 

<試合結果>

▼第8試合 30分1本勝負
『G1 CLIMAX 32』Aブロック公式戦
オカダ・カズチカ 〇(4勝1敗=8点)
vs
トム・ローラー ×(2勝3敗=4点)
16分16秒  エビ固め

■試合後バックステージコメント

ローラー「(※うつむいて感極まった口調で)正直、こんな結果で終わるとは思いもしなかった。負けるためにわざわざ海を越えて太平洋まで来たわけじゃない。自分なら『G1 CLIMAX 32』覇者にだってなれると思っていた。でも、結果はこんなものだ……。人生を通していろんな学びがあった。人生とは厳しいものだ。俺の顔と体に無数にある傷がそのことを証明している。5年前、俺の銀行口座は空っぽだった。でも、俺のプライドと意地が邪魔して、妻に正直に話すことも、助けを求めることもできなかった。いまも(この結果を受けて)本当に落ち込んでる。ロイス、ハグをくれないか(※と言ってアイザックスを呼び込んで抱き合う)。毎試合が最後の試合だと思って、全力で挑んだ。俺はこれまで落ち込んだときに、プロレスを見て励まされていた。だから日本で闘うことを決めたんだ。俺はプロレスに自分のすべてを捧げてきた。でも、いま俺の魂はダメージでズタズタだ。あの“超人”オカダの一撃で、(※胸を指さし)俺の心臓に真っ直ぐあいつの矢が刺さった。この矢を無理やり抜いたら、出血が止まらないかもしれない。でも、オカダ、俺はお前から食らったこの矢に感謝してるんだ! お前は、俺にとってのキューピッドだよ、ベイビー! みんなの愛を感じた! おかげでもっとニュージャパン・プロレスが好きになった! アイ・ラブ・ユー(新日本プロレス)」

オカダ「まあ、“さすがトム・ローラー”といった感じじゃないでしょうか。強かった。まあこうやってね、前回のジョナもそうですし、初対決の選手となんとか闘って、まだまだね、強い選手はたくさんいるなと思いました。何年か前のオカダ・カズチカだったら勝ててないかもしれない。それぐらいレインメーカーもなかなか腕のホールドが利かなかったですし、マネークリップもなかなか腕が思うように動かなくて。まあ最後はね、ちょっとバランスを崩したところを、丸め込みいけるんじゃないかなと力技でいけて。まあ、ここ何年かでそういったところをね、磨いてきたからこそ勝てたんじゃないかと思います。あぁ~でもね、次やるときはね、レインメーカーでギブアップ、マネークリップでもギブアップ獲りたいし、そういう勝ち方もしたいなと。まだまだまたやりたい相手だと思います。そして、次(最後の公式戦)はもうランス(・アーチャー)しかないですから…。可能性があるのはあと誰ですか!?(※とマスコミに確認し) ジョナ、ランス、オカダ、ぐらいですかね? まあジョナが、勝っても僕が負けなきゃいいってことですよね? そうですよね? でも並んだら…(※とマスコミに確認し)ジョナですか。まあ、簡単な話、勝てばいいってことですよね。まあね、ランスもジョナに勝って『どんな勝ち方したのかな?』と思ったら、リングアウトでしょう。そんな選手に俺が負けるわけないよ。アメリカでどんだけ強くなったか知らないですけど、まあモンスターブロック、最後にふさわしい相手。そして俺が勝って、決勝にいきたいと思います。ありがとうございました」

▼詳細は新日本プロレス公式ページにて
https://www.njpw.co.jp/tornament/354195?showResult=1

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加