【WWE】王者リブ・モーガンが次期挑戦者シェイナ・ベイズラーをテーブル葬にして調印式での乱闘を制す

ノースカロライナ州ローリーのPNCアリーナにて行なわれたスマックダウンが日本時間8月14日に配信された。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

王者リブ・モーガンが「WWEクラッシュ・アット・ザ・キャッスル」のSD女子王座戦で対戦するシェイナ・ベイズラーをテーブル葬にして調印式での乱闘を制した。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

調印式に登場したシェイナは「次はリブが陥落する番だ」と言い放って調印書にサインすると、「カーディフが待ちきれない。お前を沈めて新王者になる」と王座奪取を宣言してリブを呼び出した。そこへ姿を現したリブは「シェイナはロンダの海賊版みたいなもの。私は本物を2度倒しているのよ」と王者の貫禄を示すと「カーディフではシェイナも倒す」と王座防衛を宣言して調印書にサインしたが、シェイナに負傷している左腕を捻り上げられて乱闘になると最後はブルドックでシェイナをテーブルに叩きつけてKO。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

リブは王座ベルトを掲げながら倒れ込んだシェイナを見下ろした。ウェールズ・カーディフで開催される30年ぶりの英国スタジアムイベント「WWEクラッシュ・アット・ザ・キャッスル」は日本時間9月4日にWWEネットワークで配信される。

スマックダウン短縮英語版(WWE YouTubeチャンネルで毎週日曜日に配信)
https://youtu.be/OW-Helrk8B0
WWEネットワーク
http://network.wwe.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加