【ガンバレ☆プロレス】MAKAIプロジェクトの神崎ユウキがガンプロ継続参戦を熱望!10・2板橋で岩崎孝樹と同郷&同ジム出身対決が実現へ!

 ガンバレ☆プロレスが9月23日、東京・王子Basement MON☆STARで「エネミー・オブ・アメリカ2022」(夜の部)を開催。MAKAIプロジェクト所属の神崎ユウキがガンプロ継続参戦を熱望。10・2板橋グリーンホール大会で同郷かつ同じくパワーオブドリーム出身の岩崎孝樹との対戦が決定的となった。

 神崎は北海道札幌市出身。元UWFインターナショナルの山本喧一氏の主宰ジム「パワーオブドリーム」で、同ジム出身の岩崎とはプロレスラーを目指してともに汗を流した仲間だ。現在はMAKAIプロジェクト所属として、俳優業を優先しながら、プロレスの試合に出場しており、ガンプロには9・3成増アクトホールで初参戦を果たしている。

 この日、神崎は岩崎とのタッグで勝村周一朗&冨永真一郎組と対戦。神崎が勝村の関節技に捕まる場面があったが、タッチを受けた岩崎が怒とうの反撃。岩崎の垂直落下式ブレーンバスターをカットしようとした勝村を、神崎が場外に排除しトペ・コンヒーロで好アシスト。その間に岩崎がバックドロップ・ホールドで冨永を仕留めて勝利を飾った。

 試合後にマイクを持った神崎は「もっと強くなりたい! だからガンバレ☆プロレスに継続参戦を希望します! そして今日タッグを組んだ岩崎選手、僕は北海道の出身です。パワーオブドリームという格闘技のジムに僕も内弟子で入っていました。そのときにプロレスラーを目指して一緒に頑張ってきた仲間です。今日、プロレスのリングで会えてうれしいです。今日タッグでしたけど、僕、次の板橋に参戦が決まっていて。でもまだカードが決まっていません! 僕とシングルマッチお願いします!」と直訴。

 これに握手で応えた岩崎はコメントブースで「俺らの先輩にはジェイク・リー先輩っていう最大の出世株がいるし。そこに追いつけ、追い越せの気持ちでやっていかないと。だから俺と神崎、パワーオブドリーム対決、やりましょう!山本喧一会長にも届けるよ!」と受諾。「真っ向から熱い気持ち、“パワーオブドリーム魂”をぶつけて欲しい。そのまま俺も“パワーオブドリーム魂”をぶつける!」(岩崎)と期待を寄せていた。

【大会名】エネミー・オブ・アメリカ2022
【日時】2022年9月23日(金・祝) 夜
【会場】東京・王子Basement MON☆STAR
【観衆】85人(超満員札止め)

▼第一試合 ヤングドラマ世代vs令和のドラマティック世代 30分一本勝負
○石井慧介 vs 小嶋斗偉●
8分6秒 片エビ固め
※ランニング両腕クラッチ式ドライバー

▼第二試合 ガンプロ三大タッグマッチⅠ 30分一本勝負
春日萌花&○HARUKAZE vs 高瀬みゆき&長谷川美子●
10分45秒 春一番

▼第三試合 YuuRIガンプロ所属1周年記念試合 30分一本勝負
○まなせゆうな vs YuuRI●
10分36秒 片エビ固め
※ラリアット

▼セミファイナル ガンプロ三大タッグマッチⅡ 30分一本勝負
勝村周一朗&●冨永真一郎 vs 岩崎孝樹○&神崎ユウキ
16分8秒 バックドロップ・ホールド

▼メインイベント ガンプロ三大タッグマッチⅢ 30分一本勝負
○大家健&今成夢人 vs 高尾蒼馬&渡瀬瑞基●
20分32秒 片エビ固め
※スピア

〈写真提供:ガンバレ☆プロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加