【WWE】PPV直前、中邑真輔がオーエンズ​に敗戦/AJスタイルズがマハルの企みを見破る


©2017 WWE, Inc. All Rights Reserved.

米国現地時間12月12日オハイオ州シンシナティでのスマックダウンのメイン戦で中邑真輔(w/ランディ・オートン)がケビン・オーエンズ(w/サミ・ゼイン)とのシングル戦に挑んだ。

ダニエル・ブライアンGMがゲスト解説を務める中、試合はスタート。中邑はオーエンズの先制攻撃を受けて主導権を握られるも、ライダーキックで劣勢を打開すると延髄斬り、けいれん式ストンピングと自身のペースを取り戻した。試合中盤、オーエンズの攻撃がレフェリーに誤爆するとゲスト解説のブライアンGMがレフェリーを代理することに。その後、中邑がスピンキックを決めるもカウント2。さらに膝をついたオーエンズにキンシャサを狙う中邑だったが、サミングでオートンの動きを止めたゼインが妨害。その隙にオーエンズに捕まった中邑はポップアップパワーボムを決められて敗戦した。

日本時間12月18日にWWEネットワークで生配信されるPPV「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」では中邑&オートン対オーエンズ&ゼインの一戦にシェインコミッショナーとブライアンGMの2人が特別レフェリーを務める異例の処置が決定した。この試合に負ければ解雇になるオーエンズ&ゼインは「誰も俺たちからこの仕事を取り上げることはできない。俺たちがWWEでベストだ。」と宣言してステージを後にした。

また、この日のオープニングではPPV「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」でジンダー・マハルの挑戦を受けるWWE王者AJスタイルズのもとにシン・ブラザーズが現れた。前回の試合でマハルに制裁を受けたシン・ブラザーズはPPVのWWE王座戦ではスタイルズのセコンドに付きたいと懇願し、「そうすればマハルは1人で闘うことになる」と主張した。しかし、スタイルズは「お前たちインド公演でマハルと一緒に登場したじゃないか」と先日の公演写真を持ち出して疑うも、マハルとは終わったと主張するシン・ブラザーズと握手を交わした。するとそこへマハルが現れると、スタイルズは「PPVは俺とマハルの1対1の勝負だ」と突然シン・ブラザーズを攻撃して排除。マハルは企みを見破られるとスタイルズに「必ずベルトを取り戻す」と宣言。さらにマハルは試合後にインタビューを受けるスタイルズをシン・ブラザーズと共に襲撃。「お前に勝つ見込みはないぞ」とスタイルズに忠告した。


©2017 WWE, Inc. All Rights Reserved.

【関連サイト】
WWEオフィシャルサイト:http://www.wwe.co.jp/

WWEネットワーク: http://network.wwe.com
※生放送終了後、ビデオオンデマンド方式で視聴可能です。
※WWEネットワークは英語でのサービスです。日本語字幕はありません。
※1カ月無料トライアル実施中

DAZNオフィシャルサイト: http://www.dazn.com/
※1カ月無料体験

J SPORTSオフィシャルサイト: http://www.jsports.co.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事