【WWE】中邑、ゼインをキンシャサ葬で​6人タッグ制す/ヒデオ、205 Liveデビュー戦をGTSで快勝!

米国現地時間1219日ニュージャージー州ニューアークでのスマックダウンメイン戦で中邑真輔がAJスタイルズ、ランディ・ートンとタッグを組んで、ケビン・オーエンズ&サミ・ゼイン&ンダー・マハル(w/シン・ブラザーズ)組との6人タッグ戦にみ、中邑がキンシャサをゼインに叩き込んで激闘を制した。

また205 Liveではヒデオ・イタミがコリン・デェラニーと対戦し、GTSでデビュー戦を勝利で飾った。

©2017 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 

◆中邑&スタイルズ&オートン組 vs. オーエンズ&ゼイン&マハル(w/シン・ブラザーズ)組

トップスーパースター6人によるタッグ戦で中邑が存在感を放った

試合は白熱の攻防を展開し、中邑はゼインを相手にライダーキック、けいれん式ストンピング、スピンキックと流れるように技を繰り出してペースを掴むと、飛びつき腕十字を決めてゼインを追いつめた。

そこへオーエンズがセントーンでカットに入ると、ダメージで立ち上がれないゼインに中邑がキンサシャを狙う。

しかし、今度はシン・ブラザーズが背後から中邑に襲い掛かかって妨害。

フェリーによりシン・ブラザーズ退場が告げられると、その隙にオートンがマハルにRKO、シン・ブラザーズ2人をエレベイテッドDDTで沈めると、さらにスタイルズがオーエンズにフェノメナルフォアアームを決めて邪魔者を排除。

最後は中邑がゼインに渾身のキンシャサを炸裂させると完璧な3カウントを奪って勝利した。

 

©2017 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 

◆ヒデオ・イタミ  205 Liveデビュー戦

ついにヒデオ・イタミが205 Liveのリングに登場した。

コリン・デェラニーを相手に205 Liveデビュー戦に挑んだヒデオは、激しい蹴り技で相手を痛みつけると、立て続けにダイビング・クローズライン、串刺しドロップキックを決めて相手を圧倒。

最後は首を掻っ切るポーズを決めるとGTSでデェラニーを沈めて快勝した。

ヒデオは相手をほとんど寄せつけずにデビュー戦を勝利で飾り、205 Liveで幸先のいいスタートを切った。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事