【WWE】「レッスルマニア34」でRAW王座に挑むアスカが王者アレクサと対峙!ブル中野以来、日本人女子2人目の王座戴冠なるか!!

米国現地時間226日カリフォルニア州アナハイムで開催されたRAWでアスカが王者アレクサ・ブリスと対峙し、6人ダッグ戦では飛び付き腕十字でミッキー・ジェームスからタップを奪って勝利した。

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

◆アスカ、王者アレクサと対峙

前日の女子エリミネーション・チェンバー戦で王座防衛を果たしたアレクサ・ブリスがミッキー・ジェームスを引き連れて登場するとレッスルマニアではアスカの連勝記録を私が止める」とアスカとの王座戦を認め、勝利宣言をした。

するとそこへ突然アスカが現れてアレクサと対峙。

さらにナイア・ジャックスも現れて乱闘に発展すると、アスカはアレクサにハイキック、ナイアに飛びつき三角締めで応戦するも多勢に無勢。

一方的に攻撃を受けるとそこへサーシャ・バンクスとベイリーが救援に駆け付け、女子6人タッグ戦が行われることになった。

鬱憤を晴らしたいアスカは試合でその実力を発揮。

試合終盤でミッキーをヒップアタック、バスゾーキックで畳み掛けると、最後は飛び付き腕十字でタップを奪って勝利した。

PPVレッスルマニア34」でアレクサのRAW王座に挑むアスカ。

王座戴冠となればブル中野以来、日本人女子2人目の快挙となる。

WWE最大の祭典「レッスルマニア34」は日本時間49WWEネットワーク(日本語実況版有り)で生配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事