【編集長インタビュー】「破壊王子」橋本大地が王者として臨む「一騎当千」への熱い思いを語る

大日本プロレスの「世界ストロングヘビー級王者」橋本大地が「一騎当千~STRONG CLIMB~」(3月8日、東京・新木場1stRING大会でプレ開幕)に向け「破壊王子」節を大公開。まずは「一騎当千」出場メンバーに、ケサ斬りチョップを浴びせた。

――ストロング王者として一騎当千に臨むことになったが?

大地 追われる立場で優勝することは「大変」とわかっている。ベルトを持ってから、みんなの俺を見る目が変わって来た。周りの目の色が違うんだ。正直、失うものがなかった頃が懐かしくなることもある。でも、やるしかない。今年の一騎当千の人選は俺がやらせてもらったし、逃げる訳にはいかない。

――チャンピオンとして出場メンバーを決めたということだ

大地 のし上がりたくて、ギラギラしている人たちを指名した。ファイト内容や日頃の言動など、おこがましいけど、俺の眼鏡にかなった人たちばかり。ヘビー、ジュニア、キャリアに関係なく選ばせてもらった。誰が制覇してもおかしくない。俺も楽しみだ。

――大日本プロレス所属選手、もしくは大日マットを主戦場にしているレスラーが揃っている

大地 他団体からのゲストさんはなしで…今、一度、その実力を知りたい人が勢ぞろいした。チャンピオンなんだから、リーグ戦を全勝突破したいけど、そう簡単にはいかないだろう。苦戦することも覚悟している。

――コンビを組む神谷英慶も、同じAブロック。「大神対決」がリーグ戦で実現した

大地 神谷選手は強い。良くわかっている。「大神」を結成するまでも色々とあったし、パートナーであり最大のライバル。俺より先にストロング王座も手にしたしね。「いつかは 、追い越してやる」と思っていた時期もあったよ。神谷選手とやる3・25名古屋大会が、山場というか正念場だと考えている。

――3・8新木場大会の野村卓矢戦が初戦となるが

大地 彼は俺の若い時よりスゴイ。荒削りだけど、蹴りは鋭いし、打撃戦にこだわったら、やられてしまうかも知れない。気が抜けない。

――リーグ戦2戦目(3・12広島大会)は若手の青木優也戦となった

大地 若手とは言え油断できない。身体能力は半端ない。足元をすくわれないようにしないと。

――4戦目は、4・1仙台大会の浜亮太選手

大地 とにかく重い。でも、持ち上げてぶん投げたい。勝敗はもちろんだけど、あの浜選手を投げ捨てたい。これはもうロマンとしか言いようがない。

――ストロング王座V2戦(2・27後楽園ホール大会)で退けた中之上靖文選手が、リーグ戦最終戦(4・5後楽園ホール大会)で再び挑んでくる

大地 V2戦はしんどかったけど、スゴク楽しかった。ファイトはもちろんだけど、リングを離れても面白い人だから。はっちゃけるとスゴイ。この前、証明してくれたからね。同じ会場で、1か月置いての再戦。また、テープの量で負けちゃうかな。V2戦を超える闘いで、また俺が勝つ。

――Bブロックはどう見る? 関本大介選手は?

大地 大将(関本)は、けた違いの力がある。真っ向からぶつかったら大変。カウンターや蹴りをうまく使うしかない。といっても、あの体だから、ダメージを与えるのもひと苦労。まあ、蹴る的としてはデカイか。一回、二回、勝ったからと言って、上に行ったなんて言える人じゃない。でも、いつかは完全に乗り越えたい。

――ただ一人の所属外出場、鈴木秀樹選もBブロック。ストロング王座を奪った相手だが、最近は多方面に渡って活躍している

大地 やっとのことで、勝てた。バネがスゴイ。技の一発一発が破壊力がある。今は、いろんなリング、局面で暴れているのに、まだまだ満足していないんでしょう。一騎当千にさまざま思いをぶつけて来そうで、Bブロックの選手はやりにくそうだ。

――関本、鈴木を「ザ・ストロング」といえそうな3人、河上隆一、宇藤純久、菊田一美が虎視眈々と狙っている

大地 河上選手はV1戦で退けたけど、ギリギリの闘いだった。本当に迷いがない人。今回の一騎当千にかけているんじゃないかな。宇藤純久選手はこれまたデカイ。技の移行が上手いし、いつの間にか自分のペースに持ち込んでいる。菊田選手はジュニアとヘビーで迷っているとしたら苦しいよね。彼の頑張りを期待して、あえてエントリーさせてもらったんだ。これまで通りのファイトでは全敗もある。どう、下馬評を覆してくれるか、俺も期待している。

――「ジュニア代表」が橋本和樹選手?

大地 和樹選手は「ジュニア」と割り切って暴れてほしい。スピードがあるんだし 、対ヘビー級用の決め技もいくつか磨き上げているんじゃないかな。これまた見逃せない。

――Bブロックからは誰が上がって来そう?

大地 関本大介。大将(関本)と決勝戦を争いたい。

「ストロングBJ王者」として「STRONG CLIMB」出場メンバーを自ら選定したという大地。ベルト保持者の優勝は使命だが、出場者全員からマークされるのも、これまた宿命。自ら認める通り「簡単なことではない」偉業に挑んでいく。

一騎当千特設サイト
http://www.bjw.co.jp/ikkitousen2018/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事