【WRESTLE-1】<河野真幸インタビュー>「僕の憧れの武藤敬司は帰ってくるんですよ。人工関節の手術なんかには負けない」 家出息子のへそ曲がりな師匠孝行!?

武藤敬司“ラストムーンサルト”に教え子たちが集結!

「僕の憧れの武藤敬司は帰ってくるんですよ。人工関節の手術なんかには負けない」

家出息子のへそ曲がりな師匠孝行!?

河野真幸インタビュー

武藤敬司“ラストムーンサルト”に教え子たちが集結!「僕の憧れの武藤敬司は帰ってくるんですよ。人工関節の手術なんかには負けない」家出息子のへそ曲がりな師匠孝行!?河野真幸インタビュー

3月14日(水)に開催される後楽園ホール大会。

武藤敬司が人工関節を入れる手術をする前の最後の試合を行なう。そこに集うのはかつて武藤の元で薫陶を受けてきた教え子たち。

現在もW-1のリングで活躍する河野真幸もこの試合に参加する。

一度は武藤の元を飛び出し、再び舞い戻ってきた男。武藤に憧れてプロレスラーになった河野は師匠の人工関節手術に何を思うのか?

話を聞いてみた。

 

 

──まず、武藤選手が人工関節を入れる手術をすると聞いた時はどのように思われましたか?

 

河野 最初はビックリしましたよ。以前の話では、「手術をしたら、プロレスはできねえ」みたいなことを言ってたんで、「ああ引退すんのかなあ」と思って。「ええ!? もうプロレスやんねえの?」と思っちゃいましたよね。というのが最初でしたよね。で、よくよく話を聞いたら、「できる」って。

 

──以前はそうだったのが時が経って、人工関節を入れてもプロレスができるということになったみたいですね。

 

河野 その間に医学の発展があったんでしょうね。それはそれで凄いなと。

 

──でも、人工関節を入れることにより、ムーンサルトは封印しなきゃいけないということになったわけですよね。

 

河野 僕がテレビで見ていた時の武藤敬司はムーンサルトでしたから。

 

──武藤選手のムーンサルトを初めて見た時のことは憶えています?

 

河野 初めて見たのは武藤敬司じゃないんですよ。実はグレート・ムタなんですよ。それこそ俺が最初に見たのはムタ&TNT組ですよ、馳健とのタッグマッチで。

 

──ああ! まさに去年の7月のマスターズの試合は河野選手にとってはドンピシャだったんですね。

 

河野 そう! だから、ちょっとTNTも丸くなったけど、あの頃のまんまだって思いましたもん。でも、ムーンサルトの話に戻すと、僕が技術者だったらどんな衝撃にも耐えられるようなニーパットを作る。

 

──ムーンサルトをやっても人工関節が壊れないように衝撃を吸収するような。

 

河野 うん。作っちゃうね。

 

──それだけムーンサルトを封印してほしくないということですか?

 

河野 でも、わかんないですよね。武藤さんがどういう意味で封印って言っているのか。本当にやらないつもりなのか? それともチャンスがあったらやろうと考えているのか?

 

──まだ本当に封印するとは信じてない、ということですか?

 

河野 だって、武藤さんだからね。ただ、今回の後楽園、お客さんが最後のムーンサルトを見たいと思っているんだったら、全部崩してやるっていう気持ちを掻き立てられちゃうんですよね。デスペラード時代に戻ったかのような気持ちが僕の心に芽生えてくる。

 

──天邪鬼的な思いがもたげてくると。

 

河野 みんなが見たいものは見せたくない! 幸いなことに今回は武藤さんの対角線に立てるんで、邪魔し放題なんですよ。

 

──それは逆に言うと、最後にさせたくないという思いがあるんですか?

 

河野 そうですよ。それは弟子としての孝行の気持ちですよ。最後と言いながら未遂に終わったら、もう一回どこかでやらないといけないでしょ? 僕はそうやってお客さんに夢を与えているんですよ。

 

──先延ばしにしてもらう、と。

 

河野 ここで未遂に終わってしまえば、もう一度ラストムーンサルトをどこかで見せないとって思うじゃないですか?

 

──もしかしたら、人工関節を入れても、これで引退と決めた時にはやっちゃう可能性はありますよね。

 

河野 いつかは引退するかもしれないけど、ただ、今回は必ずあの人は帰ってきますから。僕の憧れの武藤敬司は帰ってくるんですよ。人工関節の手術なんかには負けない。大丈夫です。

 

──絶対にカンバックしてくれる、と。それで河野選手もこのラストムーンサルトの試合に参加するわけですけど、カードについてはどのような印象を受けますか? かつての全日本時代の仲間が集ってくるわけですけど。

 

河野 武藤さんが集めたわけだから、別に僕にどうこうはないですよ。懐かしい人たちなんで、僕も同窓会的なものだなという印象は受けてますね。ただ、申し訳ないですけど、その他の6人にかまっていてもおいしくないですもん。その日の主役は武藤敬司なんですから、武藤敬司にちょっかいを出すしかないですよ、自分が目立つためには。余計なところに絡んでいったら、とっちらかるだけですよ。

 

──まあ懐かしいメンバーに絡むよりも武藤さんに絡んだほうがいいと。

 

河野 骨の髄までしゃぶらないといけないですから。ヒザ関節の骨の髄までしゃぶりますよ。

 

──試合やったのはいつ以来ですか?

 

河野 武藤さんのデビュー30周年の記念試合の時じゃないですか、両国でやった。私の人生の汚点ですよ。初代王座を獲りながら、初防衛戦で陥落してしまった、と。短期政権にも程がある。2〜3週間で陥落してしまいましたからね。初代王者としてベルトを武藤さんからもらっておきながら、すぐに武藤さんに返してしまったというね。

 

──でも、この世代で武藤選手とタイトルマッチをやる。しかも、挑戦を受けるっていうシチュエーションはなかなか貴重ですよ。

 

河野 僕が武藤さんにベルトを落としたおかげで、後輩たちが続々と武藤さんとタイトルマッチをやる経験ができましたからね。感謝してほしいですよ。でも、確かに挑戦を受けたというのは貴重かもしれないですね。

 

──河野選手は一度全日本を辞めて、総合格闘技に挑戦していた。いわば武藤さんの元から家出をした選手ですけど、やっぱり戻ってきたというのはその存在の大きさからですか?

 

河野 そうですよ。でも、今回だって家出した連中しかいないですからね。大和以外は一度はみんな武藤敬司の元を離れていった人たちですから。巣立っていったのかどうなのかわからないですけど。

 

──ただ、武藤選手自身も新日本プロレスを出ていますからね。そこも武藤イズム的なところはあるんですかね?

 

河野 そうですね。だからこそ、こうして戻ってきた家出息子もいますからね。やっぱり戻ってきたのはあの人のせいですから。

 

──あの人のせい(笑)。

 

河野 僕がプロレスラーになったのだってあの人のせいなんですよ。僕の人生に責任があるんです。純粋無垢な小学校2〜3年生の僕の前に現れて、人生を狂わせたわけですからね。責任重大ですよね。

 

──その責任を取ってもらいたいという気持ちをまだ持っています?

 

河野 どう取ってもらいましょうね(笑)。まあ、武藤敬司に憧れて、ああなりたいなと思っちゃったわけですからね。憧れの存在であり、俺の中のヒーローだからこそ、これでラストマッチではダメなんですよ。俺のヒーローはまたカッコよく帰ってくるから。じゃなきゃいけないから。これはあくまで壮行試合ですからね。

 

──これから人工関節を入れるという大一番に挑む前の壮行試合ですよね。

 

河野 だから、華を添えたいですよね。「よし、いってくる!」っていう気持ちにさせてあげないと。

 

──それは武藤敬司に憧れてしまった男の務めというか。

 

河野 務めですね。そして、帰ってくるリングを、あなたが作った会社を守る。それが所属選手としての使命なんですよ。

 

──では、今回、武藤さんの前でどういう河野真幸を刻み込んで手術に送り込みたいですか?

 

河野 37歳、元気でやっておりますということですね。デビューして15年経ちました、と。手術をしたらリハビリや自分の復帰のことを考えなきゃいけないし、その期間だけはW-1のことも忘れさせてあげられるようにしたいですね。そうすれば心労が一つ減るわけじゃないですか? 安心してリハビリに取り組めるように、自分の復帰のことだけを考えられるような環境を作ってあげないといけないですね。

 

──親孝行ですね。

 

河野 家出したからね。家出息子の親孝行ですよ。ハヤシ社長を筆頭にW-1を守っていくしかないですからね。

 

 

ー 大会詳細 ー

 

【大会名】

「WRESTLE-1 TOUR 2018 TRANS MAGIC」3.14東京・後楽園ホール大会

 

【日時】

2018年3月14日(水)19時開始/18時開場

 

【場所】

東京・後楽園ホール

 

【対戦カード】

▼第0試合 シングルマッチ 15分1本勝負

頓所隼(Pro-Wrestling ACE) vs 馬場拓海(Pro-Wrestling ACE)

 

▼第1試合 シングルマッチ 30分1本勝負

立花誠吾 vs 三富政行

 

▼第2試合 タッグマッチ 30分1本勝負

佐藤嗣崇&近野剣心(ダブプロレス) vs 児玉裕輔&ドランク・アンディ

 

▼第3試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負

稲葉大樹&吉岡世起&黒潮“イケメン”二郎 vs カズ・ハヤシ&近藤修司&土方隆司

 

▼第4試合 タッグマッチ 30分1本勝負

木村花&安納サオリ(Actwres girl’Z) vs 万喜なつみ(Actwres girl’Z)&関口翔(Actwres girl’Z)

 

▼第5試合 UWA世界6人タッグ選手権試合 60分1本勝負

【第61代王者組】土肥孝司&熊ゴロー&伊藤貴則 vs 【挑戦者組】NOSAWA論外&MAZADA&FUJITA

※第61代王者組、土肥孝司&熊ゴロー&伊藤貴則、5度目の防衛戦。

 

ー 休憩 ー

 

▼第6試合 『WRESTLE-1 CRUISER FES 2018』トーナメント決勝 時間無制限1本勝負

アンディ・ウー vs アレハンドロ

 

▼第7試合 スペシャル8人タッグマッチ 60分1本勝負

武藤敬司&浜亮太(大日本プロレス)&SUSHI&宮本和志(和志組) vs 河野真幸&大和ヒロシ&中之上靖文(大日本プロレス)&KAI

 

▼メインイベント WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負

【第11代王者】芦野祥太郎 vs 【挑戦者】征矢学

※第11代王者・芦野祥太郎、8度目の防衛戦。

マスクドTODAY

プロレスをこよなく愛する記者兼カメラマン!
今日もプロレスを楽しみましょう~(^^)/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事