【ドラディション】<ボブ・バックランド選手来日記者会見>日本マット復活の喜びをみなぎらせながら、声高らかに大暴れを予告!

《 DRADITION 2108 BACK TO THE NEW YORK TOUR 》

ボブ・バックランド選手来日記者会見

 4月18日にアメリカより『DRADITION 2018 BACK TO THE NEW YORK TOUR』に参戦のため来日したボブ・バックランド選手の来日記者会見が、藤波辰爾同席の中おこなわれた。

今回、日本マットに久しぶりの参戦となるバックランド選手は会見中も常に 日本マット復活の喜びをみなぎらせながら、声高らかに大暴れを予告した。

藤波辰爾「以前より私が参戦を希望していたボブ・バックランド選手が無事に来日いたしました。20日後楽園では長州選手を交えてタッグを組み、21日大阪ではタッグで対戦するという贅沢なカードを組んでみました。電話で話していた時もとても元気な声は聞いていたのですが、先ほど会った時に握手をしてハグをしたら背筋のすごいこと!彼のコンディションを感じてこちらも覚悟して臨まなくてはいけないなと思っています。残りの日程でしっかりコンディションを整えたいと思います。ファンのみなさまには期待して貰いたいなと思います」

ボブ・バックランド「3年前のサンノゼでの WWE の HALL OF FAME で藤波と何十年ぶりに会いまして、3年後の今日この日を迎えることを夢見てきました。それが実現してとても嬉しいです!藤波が今回タッグを組む機会と戦う機会を作ってくれたと2か月ほど前に聞き、その間に会ったあらゆる人々にそのことたくさん言いました。ですので、私の中でもすごく盛り上がっているので今回はとても楽しみにしています!」

藤波辰爾「今回電話で話した時にもジムの場所をまず最初に聞かれました(会場笑)」

ボブ・バックランド「私は今でも毎日トレーニングを欠かさず、高校三年生、大学生の選手とスパーリングをしています。今日も藤波に普段私がやっているトレーニングをお見せしましょう!」

そう言ってバックランド選手は藤波、マスコミの前で首倒立のデモンストレーションを披露!会見場は大喝采に!

NEWS
68 歳の今もなおトレーニングを欠かすことなく若々しいコンディションを保ち続けているボブ・バックランド選手。
今回の BACK TO THE NEW YORK TOUR でも必ずあの頃の勇姿とボブ・スマイルを見せてくれることだろう。

是非、皆さんも一緒に“あの頃のNEW YORK”にタイムスリップしましましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事