【ドラディション】MSG時代のニューヨーク再来!藤波・バックランド・長州が夢のトリオ結成!<4.20後楽園>

MSG時代のニューヨーク再来!

藤波・バックランド・長州が夢のトリオ結成!

DRADITION
「BACK TO THE NEW YORK TOUR in TOKYO」

【開催日】 2018年4月20日(金)
【開始時間】19時00分
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】2473人(主催者発表)

第 6 試合 6人タッグマッチ
スペシャル6人タッグマッチ
長州 力 ○ボブ・バックランド 藤波辰爾
13分02秒 チキンウィングフェイスロック
KAZMA SAKAMOTO× 新崎人生 TAJIRI

「BACK TO THE NEWYORK TOUR』初戦のクライマックスは、藤波辰爾&ボブ・バックランド&長州力の夢トリオが、ともにWWEを体験しているTAJIRI&新崎人生&KAZMA SAKAMOTOの「ニューヨーク三銃士」を迎え撃つ6人タッグマッチだ。

まず長州が入場。続いて藤波が入場すると、最後にバックランドが入場。昭和時代からおなじみの「ウォウ!ウォウ!ウォウ!」の掛け声とともに、独特な「レスリングウォーク」でリングを歩き、藤波、長州と握手を交わした。

ゴングが鳴っても赤いTシャツを脱がないバックランドは、そのまま先制を買って出ると、KAZMA SAKAMOTOを低い前傾姿勢で威嚇しつつ、手四つから後転しつつ相手の左肩をロックするなど、往年のムーブを披露。

コーナーから救出に入ったTAJIRI、新崎も含めて3選手を、右腕のみの「腕払い」で倒して長州にタッチした。

ニューヨーク三銃士は長州をコーナーで捕獲すると、かつて長州が率いた維新軍の十八番「太鼓の乱れ打ち」を見舞うが、長州は動じないまま藤波にタッチ。

藤波はかつてのライバル・バックランドに見せつけるかのような美しいフォームの巻き投げでKAZMAを投げ捨て、レッグロックを逆十字固めで切り返して見せた。

それでも攻撃のリズムを崩さないニューヨーク三銃士は、新崎が藤波の腕をロックすると、ロープ上を拝み歩き。

続けてKAZMAが「掟破りの逆ドラゴン・リングイン」で藤波を挑発したが、これまた藤波も動じず、ドラゴンスクリュー一閃で長州にタッチ。

TAJIRIが長州の顔面にグリーンミスト(毒霧)を発射したところ、まんまと避けられ、背後から長州を押さえ込んでいたKAZMAの顔面に誤爆。長州からタッチを受けたバックランドがハイアングルのアトミックドロップでKAZMAを叩きつけると、そのまま必殺のチキンウイング・フェースロックで固めてギブアップを奪った。

勝利を飾ったバックランドは興奮の余り、着ていたTシャツをビリビリと破り捨て試合後になって上半身を晒すという謎のパフォーマンス。そこには到底68歳とは思えぬ見事なボディが披露されたため、ますます謎が深まった。

長州は控室へと戻ったが、マイクを握った藤波が「我々がMSGでチャンピオンベルトを獲って40年です。今回、ニューヨークをテーマに大会を開く、このタイミングで急な訃報が飛び込んできました。我々レスラー、全員が憧れた偉大なる大先輩であり、ボクもバックランド選手も尊敬するブルーノ・サンマルチノ選手が先日、他界されました。ここで10カウントゴングを鳴らし、追悼させていただきたいと思います」と、急きょ、4月18日に82歳で亡くなった“人間発電所”ブルーノ・サンマルチノさんの追悼セレモニーが行われた。

現代へと続くニューヨーク伝統のプロレスの礎を作ったブルーノ・サンマルチノさんを偲びつつ、サンマルチノ時代の後、ヘビー級とジュニアヘビー級の王者としてでWWFのリングで活躍した藤波とバックランドが、日本のリングで揃い踏みして追悼の10カウントゴングを聞いた。

約3年前、WWEのロウ大会にゲスト参戦して以来のリング復帰となったバックランドは「あれはゲスト参戦だったから、本格的な試合は本当に久しぶり。もっと動けた気もするし、Tシャツを脱がなかったのは、次へのお楽しみだと思って欲しい」と笑顔。

バックランドと初タッグとなる長州は41年前の米国修行時代に、フロリダ州タンパからジャクソンビルの試合会場まで約300マイルをバックランドに運転させて会場入りした思い出話に花を咲かせつつ、藤波は「本当に元気だったね〜。これは今後に向けて、いろいろなものが動き出す予感がします。今日は彼から凄い刺激を受けた。非常に満足しています」と破顔一笑で、バックランドとガッチリ握手を交わしていた。

(写真:伊藤ミチタカ氏)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事