【WWE】中邑、“パーフェクト10”こ​とデリンジャーに10カウント

現地時間529日、ノースカロライナ州ローリーでスマックダウンが開催された。

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 

◆中邑、“パーフェクト10”ことデリンジャーに10カウント

先週のスマックダウンでAJスタイルズと“ラストマンスタンディングマッチ”で対戦することを発表した中邑真輔が“パーフェクト10ことタイ・デリンジャーとシングル戦で対戦した。

格の違いを見せつけた中邑はかかと落としでデリンジャーを沈めると、ラストマンスタンディングマッチを意識して自ら10カウントを取り始めるもカウント6

続けてターンバックル上でデリンジャーにヒザを決めてカウント9

最後は中邑がデリンジャーにキンシャサ2発を叩き込んで快勝した。

しかし、中邑は勝利したにも関わらず、試合終了後にデリンジャーを襲撃。

背後からキンシャサを叩き込むと、マイクを握って自ら10カウントを絶叫した。

一方、PPVマネー・イン・ザ・バンク」で対戦するAJスタイルズもインタビューに答えると「中邑は俺を過小評価している。俺はWWE王者だ。最後に立っているのは俺になる!」と勝利宣言。

果たしてラストマンスタンディングマッチで10カウント後に立っているのはどちらになるのだろうか? 

PPV「マネー・イン・ザ・バンク」は日本時間618日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)で生配信される。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事