【WWE】中邑、10カウントKOで王座戦を前に予行演習

現地時間612日、テネシー州メンフィスでスマックダウンが開催された。

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

◆中邑、10カウントKOで王座戦に準備万全

PPV「マネー・イン・ザ・バンク」でラストマンスタンディング形式WWE王座戦を行う中邑真輔がUS王者ジェフ・ハーディとノンタイトルのシングル戦に挑んだ。実力者同士の闘いは一進一退の白熱の攻防を展開。

中邑がターンバックル上のジェフにヒザ、さらにキンシャサを狙うと、これを迎撃したジェフがツイスト・オブ・フェイトから必殺のスワントーンボムを決めて中邑を沈めた。

勝負は決まったかと思われたが、中邑は辛うじてロープエスケイプに逃げると、ジェフに急所攻撃を繰り出して試合は反則判定となってしまう。

しかし、お構いなしの中邑は続けてキンシャサを炸裂させると、倒れ込んだジェフに自ら10カウント。

王座戦を前に試合はラストマンスタンディングの予行演習と化した。

王者AJスタイルズと中邑のWWE王座戦が行なわれるPPV「マネー・イン・ザ・バンク」は日本時間6月18日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)で生配信される。

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

山口 義徳(プロレスTODAY総監督)
『プロレスTODAY総監督』
株式会社リアルクロスを設立し、❝楽しめるプロレスNEWSメディア❞『プロレスTODAY』を立上げ!
プロレスTODAYのインタビュー・企画・進行・管理を担当。
プロレスに懸ける情熱は不変!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事