【新日本】ROH/NJPW PRESENTS「G1 SUPER CARD」マディソン・スクエア・ガーデンで新日本プロレスとROHによる合同興行開催決定!

新日本プロレスはG1クライマックス28前日記者会見の冒頭に代表取締役社長兼CEO ハロルド・ジョージ・メイ氏が新日本プロレスがROHと合同でニューヨークにあるマディソン・スクエア・ガーデンで興行を行う事を発表した。

『G1』前日会見でのメイ社長のコメント
「皆様、こんにちは。新日本プロレスリング社長のメイでございます。皆さんもご存じのように、新日本プロレスは約50年間にわたり世界中のファン、世界中のお客様にストロング・スタイルの名にふさわしいレスリング、ストロング・スタイルの名にふさわしい数多くの名勝負を提供して参りました。お陰様で新日本プロレスは高い注目度と高い評価を得ております。そして近年、Ring of Honor“ROH”とも数多くの興行を展開し、成功して参りました。

皆さんもご存知のように、私が社長に就任した時、『新日本を次の段階へ持っていきたい』という抱負を述べさせていただきました。その一環として、今日は皆様に対して、重大な発表がございます。この度、新日本プロレスと米国・ROHとで、2019年4月6日、米国・ニューヨークにおいて、“プロレスの聖地”とも言われるマディソン・スクエア・ガーデンにおいて、『G1 SUPER CARD』という共同興行を開催いたします。

この歴史的な舞台において、歴史的な試合が数多く生まれることを、私も確信しております。この歴史的な舞台で、歴史的な試合に対して、国内外からのファン、国内外からのお客様を数多く歓迎することを、私は期待しております。ニューヨークで会いましょう。ありがとうございました。」

以下、リリースより

新日本プロレスは設立以来約50年、ROHは約16年に渡り大勢の選手を輩出し、ファンの皆様に名勝負を提供し続けてきました。近年、新日本プロレスの標榜するストロングスタイルは海外でも高い評価を得ており、現在までにROHとは数多くの興行で成功をおさめ、関係を深めてきました。
 
この度、新日本プロレスとROHは2019年4月6日米国ニューヨーク市、マディソン・スクエア・ガーデンで合同興行「G1 SUPERCARD」を開催することを決定致しましたことをお知らせします。
 
■新日本プロレス代表取締役社長兼CEO ハロルド・ジョージ・メイコメント
「世界で最も有名なアリーナであるマディソン・スクエア・ガーデンで開催する今興行は新日本プロレスとROHにとって歴史的に重要なものとなるだろう」

■ROH GMグレッグ・ギルランド氏コメント
「SuperCard of Honorを大幅に超える最大規模の興行をニューヨークで新日本プロレスと開催することが決定して、大変うれしく思っている。両団体選手の熱い戦いを期待して欲しい」
 
チケットは米国時間8月10日より一般発売開始となる。 出場予定選手は棚橋弘至、オカダ・カズチカ、内藤哲也等を予定しており、さらなる詳細は各団体の公式サイト上で後日発表予定。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事