【WWE】カイリ・セインがアスカ以来の日本人2人目となるNXT女子王座を初戴冠!

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

米国現地時間8月18日にニューヨーク州ブルックリンで「NXTテイクオーバー:ブルックリン4」が開催された。

◆カイリ、日本人2人目となるNXT女子王座を初戴冠

NXTテイクオーバー:ブルックリン4で“海賊姫”カイリ・セインがシェイナ・ベイズラーとのNXT女子王座戦に挑んだ。「シェイナは私の闘争心を見ることになる。そして私がNXT女子王者になる」と悲願の頂上決戦に意気込むカイリだったが、試合序盤からシェイナに右足を集中的に狙われて劣勢に陥った。

カイリは足を引きずるも「カモーン」と逆にシェイナを挑発すると、平手打ち3発にバックハンドブロー、スライディングDと波状攻撃を叩き込んで闘争心を剥き出した。さらにカイリはセカンドロープからのインセインエルボーを決めると、追撃を回避した場外のシェイナにダイビングクロスボディ、続けてトップロープからインセインエルボーを叩き込んで怒涛の攻撃を見せるもカウント2。粘り強いシェイナにさらにイカリを繰り出したカイリだったが、今度は逆に切り返されてキリフダクラッチに捕まってしまう。意識が遠のくも辛うじてロープエスケイプで回避したカイリは、この日3発目のインセインエルボーをシェイナに迎撃されると再びキリフダクラッチを狙われてしまう。

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

しかし、カイリは間一髪でこれを素早く後方回転すると、逆にシェイナをフォールしてカウント3。一瞬の隙を逃さず勝利を掴み取ったカイリが見事宣言通りNXT女子王座を奪取した。カイリは2017年に獲得したメイ・ヤング・クラシック優勝に続き、アスカ以来で日本人2人目のNXT女子王座戴冠となった。8月31日に開催されるWWE大阪公演「WWE Live Osaka」には王者として凱旋し、ベルトをお披露目することになる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事