【スターダム】<渡辺桃インタビュー①>『5★STAR GP 2018』真っ只中の心境、自身の変化、“次世代エース”としての覚悟を語る!

スターダムの“次世代エース”として期待される渡辺桃選手に独占インタビュー!

今年5月、難攻不落の王者・紫雷イオを破り、ワンダー・オブ・スターダム第12代王者に輝き、現在『5★STAR GP 2018』真っ只中の心境や、自身の変化、秘めたるプライベートなど2回に分けてお届けします。

 

【シングルの祭典 5★STAR GP20185☆STAR GP2018について】

–現在『5★STAR GP 2018』真っ只中ということで、桃選手の現在の状況はいかがですか?

渡辺:2敗していて、昨日9日に引き分けて1点なので、今7点なんですよ。7点で一応トップなんですけど、残り1戦しかないという結構厳しい状況だなと思っています。
ほかの選手はまだ試合数が残っていたりするので、あと1戦しかないのでそこで勝たないと決勝にも行けないという・・。

(※9月9日終了時点)

–最終戦は24日に岩谷選手とですね。

渡辺:ブルースターズの中で一番強敵だなと思っています。経験の数も違いますし、本当に強い選手だなと思います。
でも自分も白いベルト保持者ということももありますし、前に(岩谷)麻優さんとシングルをしたときとは全然違う自分なので。
前にシングルしたのが自分が欠場する前たと思うんですよね。そのときとは自分は全然違うんだぞというところをお客さんに見せたいし、岩谷麻優を超えたいと思いがあります。

–スターダムのアイコン、岩谷選手は桃選手にとって、どのような存在でしょうか?

渡辺:やっぱり生え抜きの1番の先輩として、また赤と白両方のベルトを持ったことのある選手として、尊敬しています。でも、今は自分が白いベルトを持っていますが、それを争うというイメージは出来ないですね。もっと上のレベルの先輩といった感じがしています。

–イオ選手を撃破した勢いで、岩谷選手も倒しておくべき選手ですよね。

渡辺:ずっとイオさんと戦っていた選手なので。麻優さんを超えられたら自分もまた上に行けるような気がします。

 

【自身の変化について】

–ここ最近さらに勢いを感じるのですがご自身ではどう感じていますか?

渡辺:欠場して復帰したあたりから、自分的にノリにノっている気がします。今年に入ってから後楽園でメインを張らせてもらったり、
シンデレラトーナメントでも優勝したりとか結構成績も残せていると思っているので、自分でも手ごたえを感じています。

–高校を卒業されてどんどん綺麗になってきていますよね。もしかして何かあったりとか?

渡辺:何もないんですけどね(笑)。高校を卒業したので、髪を染めて。いろんな人にちゃんとお化粧をしなさいと言われたので、お化粧用品とかをよく見るようになりました。あんまり変わらないですけどね(笑)。

–そんなことないですよ!本当に綺麗になってスター性に磨きがかかったというか、周りの方からも言われませんか?

渡辺:ありがとうございます。ファンの方からも大人っぽくなったとか、雰囲気が変わったとか言われるようになりましたね。
ずっと黒髪だったのを染めたのは結構好評だったみたいです。

–今までは制服だったこともありますが、服装も変わられたので印象がぐっと変わりましたよね。

渡辺:服装とかは気を付けるようになりましたね。街中でもファンの方に会うこともあるかもしれないと思い、意識するようになりました。
中学生とか高校生のときは、道場に通うのに普通にジャージで電車乗ってましたからね。今はちゃんと私服で通ってます。

–リング上でも選手として艶っぽさが出てきましたよね。また、もともと気迫あふれる戦い方でしたが、その気迫がさらに出てきてプロレスラーとしての覚悟が表情に出てきた気がします。

渡辺:高校入学のときから卒業したらスターダムに就職すると決めていたので、スターダムに専念するという覚悟はありました。
また、先輩方がWWEに入団されたりと退団をされていく中で、自分が上に行かないとという気持ちが強くなりました。

–そういった使命感は以前から感じていたんですか?

渡辺:「Queens Quest(クイーンズ・クエスト)」に入る前から、このままだと駄目だと思っていて。なので「Queens Quest」に入り、
(紫雷)イオさんからいろいろ学んで成長出来ました。前より自覚も出てきたと思います。

–イオ選手から学んだことで一番影響を受けたことはなんですか?

渡辺:自分の試合に自信を持つことですね。自分の技だったり、試合の立ち振る舞いだったりを学んだことは大きかったと思います。
あと、ユニットとしてもタッグ力だったりとか、相手選手への受け答えだったりとか試合以外の場面でも自信を持って臨めるようになりましたね。

–試合以外のオフの場とかはどうでしたか?

渡辺:ご飯に連れて行ってもらったりもしました。

–化粧やファッションにアドバイスはもらったりしました?

渡辺:化粧はないんですが・・・。もうちょっと大人っぽくしたらとは言われましたね(笑)
髪の色は始めそのまま黒でいたほうがいいよって言われていたんですけどね、途中から「染めてみたらいいんじゃない」って言われたので驚きました!

–今まだ18歳ですもんね。20歳で成人を迎えたら大人の色気も出そうですね。

渡辺:そうなりたいです(笑)。

 

⇒次ページに続く(ワンダー・オブ・スターダム王座戴冠、WWEでチャレンジするカイリ・セイン選手や紫雷イオ選手について)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2 3