【WWE】戸澤陽が必殺のダイビング・セントーンでジャック・ギャラハーに報復

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間10月4日に配信された205 Liveで“元クルーザー級王者”戸澤陽がジャック・ギャラハー(withブライアン・ケンドリック&ドリュー・グラック)と対戦した。

数週間前にギャラハーらの乱入で試合を潰された戸澤にとって報復する絶好のチャンスとなった。戸澤は“アー!”と雄叫びを上げると、ギャラハーとフォールの取り合いからサッカーボールキック、セントーンを叩き込み先制。

さらにトペ・スイシーダを狙ってロープに飛ぶも、セコンドのグラックに足を取られた戸澤は倒れ込み、ギャラハーの猛攻を許してしまう。

一時は劣勢となった戸澤だったが、隙を突いてフランケンシュタイナーから風車蹴り、さらにトペ・スイシーダも決めて勢いづくと、最後はダイビング・セントーンでカウント3。戸澤がギャラハーに完勝して屈辱を晴らした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事