【ノア】GHCヘビー級王座6度目の防衛に成功した杉浦貴「グローバル・リーグを勝てば、もうノアで敵はいないということで、外に対戦相手を向けてもいいかなって」<10.5会見>

5日、都内にあるプロレスリング・ノア事務所にて一夜明け会見が行われ、昨日、後楽園ホールで行われたGHCヘビー級選手権にて6度目の防衛に成功した杉浦貴が出席した。

昨夜の激戦を振り返ると共に、新たな挑戦者について、そして10月30日から始まるグローバル・リーグ戦などについて語った。

――昨日の試合を振り返ってみていかがでしたか

杉浦「非常にハードな試合だったと思います。結構蹴られたし、顔もかなり張られたし。いつも俺が相手にエルボーとか張り手したりするんだけど、昨日は逆にその何倍も返されたかなって感じで、なかなかハードな試合でした」

――試合後に清宮海斗選手やフーリガンズが次期挑戦に名乗りを上げましたが

杉浦「10月30日からシングルのグローバル・リーグが始まるので、ちょっと待てよって感じですかね。そこで最強を決めて、誰がリーグ戦を制すかで、挑戦してくれればいいし、そこで俺が勝ってしまえば、もうノアで敵がいないということで、外に対戦相手を向けてもいいかなって考えです」

――新世代軍では清宮選手がまだ挑戦していないですが

杉浦「直接やって倒したわけではないけど、拳王との次期挑戦者決定戦でアイツは負けてるんでね。ああやって出てこられても正直なんだかなというのが強いですよ」

――フーリガンズっていうチームについてはいかがですか

杉浦「今度、神戸でGHCタッグに挑戦みたいだし、今は新旧世代で世代闘争をやっているけど、やっぱりもっともっとそこに入ってきてほしいというか、もっとアピールしてきてほしいんで、昨日の試合後の挑戦表明は俺的にはウェルカムな感じですね」

――今までGHCチャンピオンのままでグローバル・リーグ戦を制した人はいないが

杉浦「そういう人がいないってのを聞くと挑戦したいと思うし、団体的には俺がそこで優勝したら他に敵がいなくなるんで面白くないかもしれないけど、俺的には面白いんでそういうのもありかなって」

――リーグ戦なので個人の戦いになるかと思います。Bブロックでは同じ世代はヨネ選手だけですが、誰と優勝決定戦を戦いたいとかありますか

杉浦「まあ、その辺については誰でもいいしね。別にこだわりはない。」

――外に向けて他団体でもという話がありましたが、具体的に興味があるとこ(団体)はありますか

杉浦「ノアに敵がいなくなればって話で、そんな具体的にはないんだけど、この間ちょうど、田中将斗の25周年に出て、新しい刺激を受けたんで、そういう選手とやっても面白いんじゃないかなって」

――改めてになりますが、前哨戦も含めて中嶋勝彦選手と戦ってみていかがでしたか

杉浦「前哨戦でやりづらさも感じてて、終わってみれば勝てて良かったですけど、今までのGHC戦とかノアにいないタイプの選手で、ノアの中でもGHCの中でも新しい戦いができたのかなっていう意味では、それはそれでありだったと思いますよ。」

【ノア】杉浦貴が中嶋勝彦の猛攻を耐え抜きGHCヘビー級王座6度目の防衛に成功!<10.4後楽園>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事