【坂井永年のザッツ・絵んたぁテインメント!】〈33〉“最侠タッグリーグ2018覇者”浜亮太選手

イラストレーターの坂井永年(さかいながとし)先生によるイラストとコメントでプロレスラーを紹介!

2018年10月25日、大日本プロレス後楽園ホール大会が開催されました。

メインイベントの最侠タッグリーグ2018決勝戦“破壊王Jr”橋本大地選手を12分34秒、タッグパートナーの中之上靖文選手との合体オオキドプレスで圧殺勝利し、見事に優勝と第47代BJW認定タッグタイトルを手にした浜亮太選手。

大会終了後にお祝いの言葉を伝えようと思い、面会してきました。

力と力の一直線の激突で、10分以上もやっていたとは思えなく感じた試合内容は素晴らしく、「プロレスらしいプロレス」という表現がピッタリの試合でした。

本人にそれを伝えると「昭和のプロレスですかね?」なんて言うものですから、私もつい「(良いものに)昭和も平成もないですよ!」と言ってしまいました(笑)体重が225kgもある浜選手はその肉体そのものが凶器。これぞプロレスですよ!

こんなにスカッとするプロレスを観たのは久しぶりだと思います。こんな調子で私が絶賛し続けていたものですから、浜選手は恐縮しっぱなしだったのでした。

私がイラストを描き、デザインしたましたTシャツも「とても売れています!」と笑顔で言ってくださいました。東日本大震災の翌年に被災地で開催した私のイベントにお手伝いして戴いたのがご縁の浜選手。

今回の優勝&タイトル奪取は本人も嬉しかったみたいですが、私もとーーーっても嬉しかったですね♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事