【ノア】『GLOBAL REAGUE 2018』優勝は清宮海斗!

『GLOBAL REAGUE 2018』優勝は清宮海斗!

清宮選手GL優勝_001

11月25日(日) 後楽園ホール大会にて『GLOBAL REAGUE 2018』優勝決定戦が行われ、Bブロック1位の清宮海斗が、Aブロック代表者決定戦を勝ち上がった中嶋勝彦を18分34秒、タイガースープレックスホールドで破り初優勝を飾った。清宮は最年少優勝。

◇Aブロック◇
※丸藤正道が11.25後楽園ホール大会で行われる優勝戦に進出を決めるも、左肩、左足の負傷によりドクターストップ。2位の拳王、中嶋勝彦、佐藤耕平の3選手による代表者決定3WAYマッチが行われ、中嶋勝彦が勝利し、優勝戦進出を決める。
清宮選手GL優勝_002

①丸藤正道=10点(5勝2敗)

②佐藤耕平=8点(4勝3敗)

②中嶋勝彦=8点(4勝3敗)

②拳王=8点(4勝3敗)

⑤齋藤彰俊=6点(3勝4敗)

⑤クワイエット・ストーム=6点(3勝4敗)

⑤マサ北宮=6点(3勝4敗)

⑧長井満也=4点(2勝5敗)


◇Bブロック◇
※8点で4選手が並んだが直接対決で勝利を収めている清宮海斗が11.25後楽園ホール大会で行われる優勝戦に進出。
11.23横浜大会終了後得点状況_003

①清宮海斗=8点(4勝3敗)

①潮崎豪=8点(4勝3敗)

①杉浦貴=8点(4勝3敗)

①マイバッハ谷口=8点(4勝3敗)

⑤モハメド ヨネ=6点(3勝4敗)

⑤小峠篤司=6点(3勝4敗)

⑤コーディ・ホール=6点(3勝4敗)

⑤樋口和貞=6点(3勝4敗)

11月25日(日) 後楽園ホール

『GLOBAL REAGUE 2018』優勝決定戦 時間無制限1本勝負

×【Aブロック代表】中嶋勝彦

vs

○【Bブロック1位】清宮海斗

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事